リップルが中国大手グローバル送金・決済サービス企業とパートナー提携

リップルが中国大手グローバル送金・決済サービス企業とパートナー提携

2月7日、Ripple (リップル)が中国の国際送金・決済サービスを提供する大手会社LianLian(リエンリエン)とのパートナー提携公式サイトで発表した。

リエンリエンはAmazon、Ali Express、eBayなどの主要オンライン小売サイトを含む加盟店と消費者の間で数千億円の支払いを処理しており、中国の大規模な電子商取引市場にサービスを提供する最大の金融サービス会社の1つ。

リエンリエン最高経営責任者Arthur Zhu(アーサー・ヂゥー)氏は、

「RippleNet(リップルネット)に参加することで、当社が現在サポートしている19の通貨においてブロックチェーン技術を用いた瞬時決済を顧客に提供することが可能となり、当社の市場シェアを拡大を目指すことができる。」

とリップルネットへの参加に大きな期待を表した。

香港に本拠を置くリエンリエンは、リップルのサンフランシスコ社が広告しているエンタープライズブロックチェーン製品「xCurrent(エックス・カーレント)」を採用する。

この製品は、国境を超えての瞬時決済解決策として使用されるという。

リップルネットには日本、韓国、タイ、インドの金融機関はすでに加盟済み。リエンリエンとのパートナー提携は、リップルが日本や韓国などのアジア主要なフィンテック市場に狙いを定めた最新の証拠である。

また、この提携の結果、リップルのエンタープライズブロックチェーンであるリップルネットの参加企業100社以上が、中国市場へのアクセスが可能になり、リップルネットは将来の顧客にとってより魅力的になる。

リップルの合弁事業パートナーの吉川 絵美氏は、

「中国の電子商取引市場における国境を越えた支払いは、2017年に1兆7000億ドル(約109兆円)に達している。これらの支払いをより迅速かつコスト効率よく行う大きなチャンスがある。」

と述べた。また、

「リップルネットを使用することで、リエンリエンは商人や消費者に以前はできなかったサービスを提供できるようになる。そしてリップルネットメンバーとリエンリエンに繋ぐことを楽しみにしている。」

などリップルネットにとってのこのパートナー提携の重要性を語った。

原典:Ripple Ropes in Partner for Cross-Border Payments to China

ここまでの内容と考察

リエンリエン参加によって、リップルネット上での中国市場への国境を越えた瞬時決済が可能となります。

リップル最高経営責任者Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は中国市場への参入を検討していると以前にも公表しており、今後も大手中国企業とのパートナー提携が増えると考えられます。

さらにリップルは先日スペインの大手銀行と提携したばかり。

それを踏まえても、今もリップルの動向から目を離せませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信