ノーベル賞受賞者がビットコインは必ず崩壊すると発言

ノーベル受賞者がビットコインは必ず崩壊すると発言
ノーベル賞受賞者のロバート・シラー氏はビットコインが崩壊すると確信しているがそれがいつ起こるかどうかはっきりしていないと発言した。

さらに2013年にノーベル経済学賞を受賞したイエール大学の教授シラー氏はこの先100年の間ビットコインは続くかもしれないが、いずれ完全に崩壊し忘れられる可能性が高いことを強調し、続けてこう語った。

「それは1640年代にオランダのチューリップマニアを思い出させている。問題なのはバブルが崩壊することなのか?ビットコインは崩壊して忘れ去られるかもしれないが、それは良い結果だと私を思う。しかしこの予想に反してビットコインのバブルは長い間続くかもしれない」

シラー氏は「チューリップバブル」を比較対象に挙げると、さらに

「ビットコインは金やその他の商品とは違い、共通して価値を認識しないと価値が生まれない」

と主張。

それに加えて

「ビットコインに価値があるという共通の合意がなければ価値はない、金のようなものは人々が投資商品とみなさなければ、少なくとも価値は生まれる」

と発言した。

その後に彼は「しかしビットコインが最終的にどうなるのかはわからない」

と付け加えた。

シラー氏はビットコインについてネガティブな発言をしたのは初めてではない。

2014年に彼はビットコインを驚くべきバブルの例だと発言していた。先月には彼はビットコイン神話は素晴らしい物語で、すぐに価値が0にならないがそれは間違いなく価格は下がるだろうと予測した。

ビットコイン投資家にこうした苦言を発するノーベル賞受賞者は少なくない。

2001年に受賞したジョセフ氏はビットコインは社会的に有用な機能を果たしていないので「禁止するべき」と主張している。

原典:[https://www.ccn.com/bitcoin-will-totally-collapse-even-takes-100-years-nobel-prize-winner/]

ここまでの内容と解説

ビットコインに対してさまざまな意見がニュースで飛び交う中で今回はノーベル受賞者が多くのネガティブな発言をしているので注目が集まっています。

ビットコインはバブルといわれていますが、もともとビットコインはブロックチェーンを使用した非中央集権型のインターネット上の世界共通の新しい通貨として作られました。

投機のことを考えると価格の乱高下に注目が集まりますが、ビットコインのシステムに人々の関心が集まることを管理人は期待します。

それらを踏まえてビットコインの未来を正確に予測できる人は残念ながらいません。

しかし仮想通貨に注目が一層集まっていることは確かです。仮想通貨の動向に目を光らせましょう。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信