ビットコイン先物が世界最大の株式市場「Nasdaq」に上場

世界第2位の証券取引所「Nasdaq」と大手金融機関「Cantor Fitzgerald & Co.」は、2018年中頃までにビットコイン先物の取り扱いを開始することを発表した。

NasdaqとCantorは、先日ビットコインが1万ドルを超えたことで、ビットコイン先物の取扱い開始を急いでいるようである。

Nasdaqのビットコイン先物取引開始により、伝統的な金融機関や株式ブローカーの投資家は、ビットコイン取引に参入することができるようになる。

Cantorの最高経営責任者であるShawn Matthews氏は、

「ビットコインは新しい資産として認められている。ビットコインの流動性が良くなるにつれてさらに成長し、より多くの投資家が参入する市場になるだろう。」

と述べている。

ナスダックのビットコイン先物上場は、他の取引所のビットコイン先物上場を誘発する

Nasdaqのビットコイン取り扱い発表に伴い、他の主要取引所がビットコイン先物を上場させる可能性を模索している。

米国のCBOEやCMEなどの世界最大級の先物取引所がビットコイン先物を取り扱うことを発表したことにより、NasdaqやCantorがビットコイン先物を取り扱うことを前向きに検討するようになった。

ここでさらにNasdaqという世界最大の証券取引所が取り扱いを発表すれば、さらにビットコインが投資資産として広がっていく可能性が高い。

2017年初旬、ビットコイン先物の上場は、伝統的な金融商品に興味をもつ投資家からは見向きもされなかった。それがたった1年足らずで、ビットコイン先物の上場。

価格上昇の勢いと同様に、投資家からの目線も非常に大きくなっている。

一部の報告では、数十億ドル規模の企業が仮想通貨市場に参入するようになると、取引高と市場価値が70〜100%上昇する可能性があるとの見方もある。

米国を中心として世界の金融市場にビットコインが上場するなど、主流の投資市場にビットコインが急速に進出している。

Nasdaqのビットコイン先物上場は、今後の数ヶ月でビットコイン市場に対して大きな影響を与えるだろう。

原典:「https://www.cryptocoinsnews.com/nasdaq-worlds-second-largest-stock-market-will-enable-bitcoin-futures-trading/」

ここまでの内容と考察

Nasdaqは、IT関連企業を中心とした成長企業が5000社以上上場している証券取引所。マイクロソフトやインテルなど名だたる企業が上場しており、NHKのニュースでもNasdaqのデータを出しているほど大きな証券取引所なのです。

上場企業の株価から算出されるNasdaq総合指数は、世界中の株式市場に大きな影響を与えているなど、ビットコインが上場するとなるとCMEへのビットコイン先物上場より大きなインパクトを与えますね。

11月中旬からのビットコイン価格急騰がCMEへのビットコイン先物上場に大きな影響を受けていることを考えると、Nasdaqへの上場はさらにビットコイン価格の上昇が見込めると言っても良いのではないでしょうか。

Nasdaqへの上場の具体的な日程は決まっていないですが、2018年中旬を予定しているということですので、中期的にみてもビットコインに期待を持てます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る