ついに実現?MUFGが国内初の仮想通貨取引所を設立か

ついに実現?MUFGが国内初の仮想通貨取引所を設立か

ついに国内大手金融機関が仮想通貨に参入を始めようとしている。

先日、国内最大手である金融機関の三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)が、年内中の仮想通貨取引所設立を目指していると発表した。これが実現すれば、国内では初の大手金融機関が作る仮想通貨取引所の誕生となる。

MUFGコインの可能性

同グループによれば、既にオリジナルの仮想通貨「MUFGコイン」を開発中であるといい、それを実際に発行し市場に流通すべく取引所の開設を予定しているという。

取引所を自ら運営する事で通貨の価格変動リスクを最小限におさえ、安定的な決済や送金を行えるようにする事が最大の狙いだ。

具体的なプランは以下の通りである。まず利用者は、MUFGオリジナルのアプリをスマートフォン上でダウンロードする事で、MUFGコインの利用が可能となる。

同コインにはいわゆるブロックチェーン技術が搭載されており、利用者間での送金・加盟店での決済を瞬間的に行う事ができる。

これにより、従来まで発生していた無駄なコストや手間を省く事に成功したというわけだ。

また気になる具体的なレートに関しては、1MUFGコインあたり約1円での取引を考えているという。元々は固定レートを構想していたが、それでは法的な面で制約を受けてしまい、一定額以上の送金時が不可能となってしまうリスクがあるという。

これでは、一度に大きな額を動かす法人にとっては大きなデメリットが生じてしまいかねない。

しかしそれはあくまで「従来の通貨」に適応される法であり、「仮想通貨」であれば話は違う。仮想通貨は常に価格が変動しており、安定的でない。

法整備も整っていない現在、送金時の制限も無い状態だ。そこでMUFGは、表向きはレートを固定せず、オリジナルの仮想通貨(MUFGコイン)を利用させる事で懸念されるデメリットを打ち消そうとしているというわけだ。

MUFGは既に金融庁に、2018年内の取扱所設立を考えている旨を報告済みであるという。

仮想通貨取引所を設立するためには原則として金融庁への報告と同庁の認可が必要だが、同グループは既にそのファーストステップを踏み終えている。

コインチェックの一件以来、ますます厳格になったと言われる仮想通貨取引所の登録だが、MUFGは果たして認可されるのか。その動向に注目が集まっている。

ここまでの内容と考察

ついに国内の大手金融機関が仮想通貨市場に名乗りを挙げました。三菱UFJ(MUFG)が国内初の仮想通貨取引所を1年以内に開設すると発表したとのこと。

以前から独自の仮想通貨であるMUFGコインの開発を進めている話は浮上していましたが、ここまで話が進展しているとは驚きです。

同通貨は従来適応されていた送金時の法律を上手くかわし、原則上限なしで送金可能としている点も非常にユニークです。

時代が変わるにつれて、淘汰されるものが発生してしまうのは自然の摂理ですが、MUFGのように時代の流れに柔軟に対応できる姿勢は見事の一言です。

文末にあった通り、まだ金融庁の認可も下りるかも不透明で、解決すべき問題は山ほどあるに違いません。

しかしそれを踏まえても、今回のような動きがある事は仮想通貨市場の前進として歓迎すべきなのかもしれませんね。

金融機関や仮想通貨市場の今後の動きに要注目です!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信