モナコインの急騰の影響で、あるアルトコインが脚光を浴びている?

モナーコインの仕組みや魅力は?

モナーコインの価格が引き続き上昇を続け、現在1,500円。2ヶ月前から20倍となっています。

モナ―コインは2チャンネルから誕生した日本発の仮想通貨として有名です。日本初ということで日本国内の仮想通貨市場の盛り上がりに乗じてモナ―コインの価格も上昇しました。

モナ―コインが20倍という価格上昇をした理由はいくつかありますが、一番大きな理由は、「コミュニティがしっかりしていること」だと考えられています。

仮想通貨なのに、コミュニティとか関係ないでしょう!

と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はモナコインは2チャンネルの人たちの強力な支えがあって、ここまで成長してきたと言われています。

事実、ツイッターやFacebookなどSNSでのモナコインに関する投稿は非常に多く見受けられます。

例えば、モナコイングッズを作っていたり、秋葉原でイベントを開催したりと積極的な活動をしています。

そんな中、国産の仮想通貨で第二のモナコインとしてにわかに注目を集めているアルトコインがあります。

モナコインホルダーが期待しているBitzenyとは?

ここ最近のモナコインの盛り上がりに乗じて、第二のモナコインにしようと注目を浴びているのがBitzenyというアルトコインです。

2ヶ月前まではわずか0.5円だったBitzenyは、現在3円。すでに6倍もの価格になっています。

では、国産の仮想通貨とはいえ、なぜここまでBitzenyの価格が高騰しているのでしょうか?

それは

・モナコインコミュニティの人々がBitzenyを推している

・まだ時価総額ランキング200位台と伸びしろがある

・Bitzenyのシステムをいじって遊んでいる人がいる

と言った様々な理由が挙げられるようです。

Bitzenyは2015年から開発が止まっており懸念点もありますが、価格が上がればもう一度開発が再開される可能性もあります。

ただの投機的な価格上昇に終わるのか、モナコインのように本物の仮想通貨となっていくのか注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る