JPモルガンのジェイミー・ディモン氏「ビットコインは詐欺」という発言を後悔

昨年9月に「ビットコインは詐欺だ」と発言し、仮想通貨市場の急落を招いたJPモルガンのジェイミー・ディモン氏は、改めてビットコインについてのインタビューに答えた。

FOX社のマリア・バルティロモ氏とのテレビ対談で、最近の米国の税制の見直しと企業の税率、経済、およびヘルスケアについて議論したが、その中でビットコインに関しての発言をした。

バルティロモ氏が

「ビットコインは詐欺という発言を過去にしましたが、現在はどうお考えですか。」

とディモン氏に尋ねると、ディモン氏は

「あの発言には後悔している。」

と発言。加えて

「ブロックチェーンは現実のものであり、ドルや円と同様に仮想通貨を保持することができる。ICOは、個別に見なければなりませんが、ビットコインは本物でしょう。

ただ、ビットコインがさらに強大な影響力を持つようになったとしても、私はビットコインに興味を強く惹かれるということはない。」

と主張している。

インタビュー後、ディモン氏は右手の肩を上げて笑いながら、

「私の娘はビットコインを買った。今、若者たちはビットコインに夢中になっている。」

と陽気に言った。

昨年ビットコインに対するネガティブな発言を繰り返してきたディモン氏も仮想通貨を無視できなくなってきていることは言うまでもない。

既にブロックチェーンに関する事業の計画をしているJPモルガンですが、今後さらにブロックチェーン市場に積極的に参加していくようになるのではないだろうか。

原典:「https://news.bitcoin.com/jp-morgan-jamie-dimon-regrets-his-bitcoin-is-a-fraud-statement/」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信