ジハン・ウー氏がツイートを一瞬で削除?極秘の情報を公開。

ジハン・ウー氏「ビットコインキャッシュが本当のビットコインだ」

大手マイニンググループBitmainを運営するジハン・ウー氏が、今後のビットコイン市場に大きな影響を与えるツイートを行った。

しかし、その後すぐにそのツイートは削除。にわかに話題となっている。

そのツイートはこちら↓

本文
「Should not defeat the BTC. BTC is very necessary for BCH.」

翻訳すると、「BTCを倒すべきではない。BCHにはBTCが必要である」となる。

つまり、ビットコインキャッシュはビットコインなしでは存在できないとジハンウー氏が考えていることが分かる。

ビットコインキャッシュは、ジハン・ウー氏や「ビットコインの神」と呼ばれるロジャーバー氏を中心として、マイナーたちから大きな支援を受けており、「ビットコインキャッシュが本当のビットコインである」と言われている。

しかし、ここにきて、ビットコインキャッシュはビットコインなしでは存在できないようになっているようだ。ビットコインとビットコインキャッシュの共存の道を探そうとしているのではないだろうか。

ビットコインは安全資産として、金にとってかわる通貨として、ビットコインキャッシュは決済手段として別々の道をたどっていくだろう。



また、昨日11月12日にビットコインキャッシュの価格が急騰したビットコインキャッシュですが、11月13日から14日にかけてハードフォークによるアップデートが予定。

このアップデートにより、マイニングの難易度が安定するため、マイナーがマイニングしやすくなると考えられる。また、これによりビットコインにとっても送金遅延が起こりづらくなることが想定されるため、ビットコインとビットコインキャッシュの両方にメリットがある。

というのも、ビットコインキャッシュの難易度が急落すると、次の難易度調整までマイナーたちがビットコインキャッシュしかマイニングしなくなる。そうすると、先週末のようにビットコインの送金詰まりが発生する可能性が大きい。

しかし、ビットコインキャッシュのマイニング難易度が安定するため、急にビットコインキャッシュにマイナーが集中するということがないだろう。

そうすれば、ビットコインとビットコインキャッシュは共存していくと考えられる。

一方で、ロジャーバー氏が数千億円のビットコイン資産を取引所に送金したことからビットコインキャッシュを購入するのでないかという憶測も飛び交っている。

まだまだ、ビットコインやビットコインキャッシュの価格の変動は大きいため、利益を得られることはできそうだが、いつ買うべきかの判断は最新情報集めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る