次世代のブロックチェーン技術を持つ「IOTA」が東京を含めた世界へ進出

仮想通貨・アイオータ!

次世代型のブロックチェーン技術を持つ仮想通貨「IOTA」が、日本を含めた世界へ進出していくという。

元々ドイツで誕生したIOTAは既存のブロックチェーン技術を使わず、代わりに「Tangle(タングル)」という技術を利用している。

そんなIOTAは今後、ベルリン以外にも東京、トロント、オスロ、香港に拠点を置くそうだ。

さらに大手ドイツ自動車メーカー「フォルクスワーゲン(VW)」の幹部らをIOTAの監査役員メンバーに迎え入れたという。

IOTA財団のボスであるDominik Schiener(ドミニク・シーナー)氏は、IOTAを世界に通じる仮想通貨にしたいと述べている。

ちなみにIOTA財団は現在50人ほどおり、彼らは報酬をIOTAで受け取っているという。

さらにIOTAは、IoT(モノのインターネット)事業において大きく成長しているボッシュグループのベンチャーキャピタル「RBVC」とも提携を組んだ。

つまり今後IoTの世界でもIOTAが普及してくる可能性がある。

現在22歳のDominik氏は、

「ドイツの大企業との繋がりもある。いよいよ成長段階に入るところだ」

Bloomberg社とのインタビューで述べていたという。

ここまでの内容と考察

現在11位のIOTAは、50億ドル(約5,300億円)の時価総額となっています。

そんなIOTAは、今年2018年こそ「成長段階」だと発表しました。拠点を世界中に増やし、本格的に大手企業との提携を始めたIOTAは今後大きく成長してくるかもしれません。

元々ブロックチェーンではなく、Tangleを利用しているIOTAは次世代の技術を用いた仮想通貨として注目を浴びていました。

一時大きく価格は上昇しましたが、その後はしばらく停滞。

多くの注目を浴びていただけに、IOTA大丈夫か?という声も多かったといいます。しかし2018年に入り、ようやくIOTAにも成長の兆しが見えてきましたね。

今後のIOTAの動きや提携に注目ですね!

>>IOTAの基本情報や特徴はこちら

▼関連記事▼
500億円以上を運用するベンチャーキャピタルがIOTAを大量購入

IOTAがマイクロソフトと提携を発表


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *

【※6月限定※】
今登録すると、今後値上がりが期待できるコインの情報を専門家の解説付きで2つご案内!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信