ゴールドマンサックス、ビットコイン価格が8000ドルまで上昇すると予測

ゴールドマンサックスCEOが「ビットコイン市場への参入を検討している」と発言

ゴールドマンサックスの技術部長であるシェバ・ジャファリ氏は、ビットコインの価格が8,000ドル(約880,000円)に達するという予測を発表した。

ジャファリ氏は、ビットコイン価格チャートに関して言及し、

「これまでのチャートの波と7月に記録した水準からの上昇率を考えると6,044ドル(約664,840円)までの平均目標を上回り、7,941ドル(約873,510円)を突破する可能性がある」

と指摘した。

現在、ビットコインの価格は、11月7日の夕方に7,201ドル(約792,110円)を記録しおり24時間で3.19%下落している。

ビットコイン価格高騰の要因

世界最大の先物取引所の1つであるCMEグループは、年末までにビットコイン先物取引を開始する計画を発表した。

この発表の影響から価格は7,592ドル(約円)の最高値を更新。1,000ドル(約110,000円)以上の上昇を記録している。

また、一部のアナリストは、11月16日に予定されているSegWit2xハードフォークもビットコイン価格の上昇を促進していると予測している。

暗号化技術を専門とするPolymath社のCEO、トレバー・コベルコ氏は、SegWit2xハードフォークの前にビットコインを購入することで、SegWit2xのビットコインを手に入れることができるため、ビットコインを購入する投資家が増えていると主張している。

コベルコ氏は、

「SegWit2xハードフォークの直前には、さらにビットコイン価格を押し上げるだろう。」

と述べている。

ビットコインに関連するコミュニティは、オリジナルのビットコイン派閥とSegWit2xビットコイン派閥の2派に分裂し、対立している。

仮想通貨市場の現状

6月以来のビットコインの価格動向をみると、仮想通貨市場の中でシェアを着実に高めている。

仮想通貨市場シェアに関して、6月15日にビットコインが39.14%、Ethereumが31.12%を占めていたにもかかわらず、現在はビットコインが60.61%、イーサリアムが14.34%と、大きく差が広がっている。

原典:「https://www.cryptocoinsnews.com/goldman-sachs-analyst-bitcoin-could-near-8000-mark/」

ここまでの内容と考察

最近ビットコインの取り扱いを社内で検討していると発表したゴールドマンサックスのアナリストが、ビットコイン市場のさらなる盛り上がりを予想しました。

今週、ゴールドマンサックスのCEOがビットコインに対して、肯定的な発言をするなど、ゴールドマンサックスのビットコイン市場への参入が現実味を帯びてきました

SegWit2xが11月16日に予定されており、そこで混乱がもし起こってしまうと少しゴールドマンサックスの対応も変わってくるかもしれませんが、

現行のビットコインがそのまま地位を保ち続け、大きな混乱も起こらなければ、来年初めにはもしかしたらゴールドマンサックスのビットコイン市場参入があるかもしれません。

大手投資銀行であるゴールドマンサックスが本当にビットコイン市場に参入するとなると、CMEがビットコイン先物上場を発表した今回の価格上昇と同じくらいのインパクトがありそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る