日本の大手ネット企業「GMO」がビットコインのマイニングに300万ドル費やす

日本の大手インターネット企業である「GMO(GMO Internet Co., Ltd)は、2018年前半までにビットコインのマイニング事業を開始するとして、300万ドル(約3.3億円)以上投資する予定だという。

東京に本社を置くGMOは1990年代初頭に設立され、急速に普及している仮想通貨の需要に対応する準備をしている。今年4月より日本では仮想通貨が正式な決済手段として認められ、それを踏まえてGMOは5月にビットコイン決済導入を開始した。

「国境を越えた新たな経済圏」を創出するために仮想通貨は必須で、GMOは「新たな普遍通貨になる」と述べている。

2018年に開始を予定しているマイニング事業についてGMOは、

「再生可能エネルギーと最先端の半導体チップを活用したマイニングセンターを北欧で運営していく」

と発表した。マイニングセンターはスカンジナビアという国に設立し、毎秒500PH/s(ペタハッシュ)の生産を目標としているとのこと。またハードウェアについてGMOは、半導体設計技術を持つ技術パートナーと共に開発した7ナノメートルのマイニングチップを使用すると発表している。

ちなみにGMOはクラウドマイニング分野にも参入しており、ユーザーはハッシュレートを利用することができ、マイニングした仮想通貨は「GMOコイン」に交換して利用することができるとのことだ。

原典:「Japanese Internet Giant GMO to Spend over $3 Million for Bitcoin Mining Operation

ここまでの内容と考察

先日マイニング業界に参入すると発表したGMO。中国の独壇場だったマイニング業界に、ついに日本からも参加ということで非常に注目を集めています。

GMOはビットコインマイニングに使われるASICの開発も行う予定で、将来的にASICマイニング機を販売していくそうです。スカンジナビアにマイニングセンターを作ることで、消費電力を3分の1に抑えることが可能で、予定台数は50,000台。

引用:「GMOプレスリリース

GMOコインに交換することができ、GMOコインでビットコインの売買やレバレッジ取引ができます。

ビットコイン取引所やICOが規制される中国は、今後マイニングにも規制が入るのでは?と言われています。このタイミングでマイニングに参入すれば、中国に代わって日本がマイニング大国になることも?

既にビットコイン取引量は日本が世界一となっているので、マイニング業界でも活躍してほしいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信