仮想通貨ユーザーが2024年には2億人に達する

仮想通貨のアナリストは、仮想通貨市場への参入者の伸び率を分析すると、仮想通貨ユーザーの数は、7年後の2024年には2億人に達すると予測している。

3月に500万人のユーザー数を突破

2017年の3月にがリック・ヒルマン氏とマイケル・ラウクス氏が行ったケンブリッジにおける調査によると、ビットコインウォレットのアクティブユーザー数は、290万から580万の間であることが判明した。

そこから、仮想通貨市場の盛り上がりに比例して、仮想通貨のユーザー数も急速に増加。

世界市場で最大の取引所の運営とウォレット提供を行うCoinbaseだけでも、1,300万人以上のユーザーに対してサービスを提供している。

2017年11月には、Coinbaseの利用者数が120万人のユーザーを記録した。

日本のBitflyerや韓国のBithumbなどの主要な取引所も、それぞれ約100万人のユーザー抱えている。

ビットコインのメインストリーム採用の推進要因

2億人のアクティブユーザーが仮想通貨市場に進出するとなれば、仮想通貨を投資、利用する人々は仮想通貨を価値の高いものという認識をもつようになるだろう。

12月10日と18日に予定されているCBOEとCMEによるビットコイン先物の上場は、大規模な機関投資家や個人投資家、ヘッジファンド、投資会社などが仮想通貨を取扱いを開始する起爆剤となるだろう。

数十億の機関投資家がビットコイン市場に参入すると、個人投資家が追随してドミノ効果を生み出す。

そうなれば、金融機関や金融サービスプロバイダー、フィンテックプラットフォームが仮想通貨関連サービスを積極的に出すようになり仮想通貨の利便性と流動性を向上させるだろう。

既に2017年11月、大規模に普及して広く利用されているネット決済アプリケーション「Square」において仮想通貨の利用が可能になっている。

また、韓国で2番目に大きな銀行である新韓(Shinhan)は、仮想通貨のウォレット・サービスを試験的に開始。

「新韓は、ビットコイン・アドレスとウォレットの秘密鍵が銀行によって管理され発行されるサービスをテストしています。金庫サービスを無料で提供し、引き出し料金を請求するつもり」と新韓は公表している。

最後に、ビットコインが世界的に有力な投資商品として定着するにつれて、仮想通貨の利用者が急増。今後日常的に使用される通貨として、仮想通貨が安全な通貨となることを祈る。

しかし、法定通貨の代わりに仮想通貨を利用してもらうためには、ビットコインブロックチェーンネットワークの基本的なスケーリングの問題を解決する必要がある。

現在のところビットコインは、Lightningなどの新しいシステムを利用することで、商品やサービスの支払いを決済するためのマイクロペイメントを実現しようと進んでいる。

原典:「https://goo.gl/Z2TCov」







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信