仮想通貨の価格が急落、各国政府の規制強化が要因か

本日仮想通貨の価格が急落し、一日で仮想通貨市場全体の時価総額が約20%以上下落した。

これにより1ヶ月ぶりの安値を更新し、仮想通貨の時価総額は60兆円を割り56兆円を推移している。

この下落の要因は各国の仮想通貨に対する規制強化が強化されるのではないかという投資家の恐怖心からである。

各国の規制に対する姿勢を見ていくと、例えば韓国は

仮想通貨への規制を強化していく方針であることを発表しています。

仮想通貨ニュース.com

また、中国は仮想通貨への規制を強化することを発表。

ブルームバーグ

その他にはドイツも規制に関することに言及している。

ロイター

このような各国の規制が一斉に始まるのではないかという不安から、仮想通貨市場が大きく急落している

今回の仮想通貨価格下落は大きな調整となりそうである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信