仮想通貨取引が中国で再開か?

仮想通貨取引が中国で再開か?

中国の仮想通貨ニュースを配信する「CNLedger」は、OTC取引(相対取引)プラットフォーム「OKEX」が仮想通貨取引を再開することを明らかにした。

CNLedgerは、「OKEXは、中国元やドル、日本円などの複数の法定通貨で仮想通貨が取引可能なOTC取引プラットフォームを運営開始する。」と報じている。

OKECは、現在中国国外で会社登録を行っており、中国の取引所「OKCoin」からは独立して活動している。OTC取引は、詐欺師などとマッチする可能性があり、仮想通貨取引所と比べて信頼性や安全性は低いが、中国国内で仮想通貨の売買ができるようになるという点では、中国の仮想通貨市場にとって非常に大きなインパクトになる。

今月初め、中国国営新華社通信は、中国政府が仮想通貨の裏取引に対して目を光らせていることを報道した。加えて、中国政府が間もなく、取引記録の保存システムや取引所認可制度、AML(アンチマネーロンダリング)対策を整備することを発表。

また、新華社通信は仮想通貨が裏取引で悪用されていることに関して「中国政府はこのような裏取引に対して処分を厳格に行う。記録保存、取引所の認可制度、AML対策、個人情報登録、大規模取引の制限など様々な策を講じていく。」と報道した。

日本と韓国と同様、中国政府は仮想通貨取引所に関する厳格なライセンス制度を導入し、制度が整い次第取引所の再開を許可する可能性が高い。

習近平国家主席の再選が、仮想通貨取引所再開の後押しをする

今年の年末に行われる予定の中国国家主席選挙で、現職の習近平国家主席が再選すれば、中国国内での仮想通貨取引再開が後押しされると言われている。

ビットコインの研究者であるジョン・クリス氏は、

「 習近平氏は保守派であるため、自由貿易法を促進していく。これにより仮想通貨の取引も認可される流れになっていくでしょう。

一旦この法律が制定されれば、中国政府が仮想通貨取引所運営を奨励していくことになる。習近平氏のこれまでの政治を見れば、自由貿易主義者であることがわかる。

今後もこの主張が変わらなければ、仮想通貨取引に対しても柔軟に対応してくと考えられる。 」

原典:「Is China Planning to Resume Bitcoin and Cryptocurrency Trading Soon?

ここまでの内容と考察

中国が仮想通貨の取引所を本格的に再開する見通しですね。これによりビットコインをはじめとした仮想通貨の価格が大幅に上昇することが期待されますが、管理人としてはあまり大きな上昇はしないのではないかと思っています。

というのも、中国で仮想通貨の取引が禁止された後も、中国人投資家は香港の仮想通貨販売所、日本や韓国やアメリカの取引所、地下取引などで仮想通貨を購入していると言われているからです。

中国において、9月初旬にICOが禁止され、9月中旬に取引所運営を停止することが発表されたことで、ビットコイン価格が大幅に下落。仮想通貨市場はこれにより大きな打撃を受けました。

しかし、その後徐々に回復し、10月はビットコイン価格が何度も過去最高値を更新するなど、飛躍の月となっています。

これも中国人投資家の莫大な資金が影響しているのではないかと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る