コインチェック事業継続へ!商社や金融機関と資本提携か?

coincheck でのBitcoin の購入方法

1月26日に仮想通貨取引所コインチェックから仮想通貨NEM(ネム/XME)が流出した。

盗まれたNEMは日本円で580億円に上った。

現在コインチェックでは日本円の出金が可能になったが、まだ仮想通貨の出金ができない状態のままだ。

そんなコインチェックは2月19日に事業継続の意思をコインチェックの公式サイトで発言。

またコインチェックは金融庁から業務改善命令を受けてセキュリティ、情報開示体制などの改善を行っている。

さらにコインチェックは他社からの出資受け入れ、財政面、事情を立て直すとみられている。

取材を受けたコインチェック側は、

「資本提携については検討中のものもある」

と発言した。資本提携には商社や金融機関が候補に挙がっている。コインチェックには早急なセキュリティ対策が期待される。

ここまでの内容と考察

NEMハッキング事件で大きな話題を呼んだコインチェックが事業継続をするというニュースでした。

コインチェックは会見で、NEMの保証にめどが立っていると発言し、順次対応していくことが予想されます。

またコインチェックは非常に人気な取引所だったので、ハッキング後のユーザーの動向に注目が集まっています。

そんなコインチェックのNEMハッキング事件後にもイタリアの取引所でハッキングが起きるなど取引所のセキュリティ問題が浮き彫りになっています。

仮想通貨にセキュリティの問題はつきものですが、世界的な問題としてセキュリティ改善に努めてほしいですね!


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *

【※6月限定※】
今登録すると、今後値上がりが期待できるコインの情報を専門家の解説付きで2つご案内!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信