中国のビットコイン取引所「BTCC」が取引停止を発表

中国のビットコイン取引所「BTCC」が取引停止を発表

先日、中国規制当局は

「国内の主要通貨取引所に閉鎖するよう要請をした。ビットコイン取引を禁止することは確実だ。中国においてビットコイン取引の全面禁止は、数ヶ月以内に行われるだろう。」

という内容のニュースレターを公表した。

その規制当局の発表に応じて、中国3大ビットコイン取引所の1つである「BTCC」は9月30日に取引所を停止することをツイッターで公表。

BTCCは取引所以外にもマイニングプールを含む事業を行っており、取引所事業は9月末で停止するようだがマイニング事業は継続する。

これは、中国人民銀行(PBoC)が設立した仮想通貨に関する規制機関であるNIFAが、仮想通貨に関するリスクについて警告を発した直後である。

NIFAは、PBoCがICOを一括して禁止する直前に、ICOのリスクについて同様の声明を発表していることから、今後もNIFAの発表がPBoCの発表に影響を与えているのではないかと推測される。

この件に関して、9月14日朝「Bloomberg China」のLulu Yilun Chen(ルル・イリュン・チェン)氏は、

「上海金融庁がBTCCに対して、口頭で停止命令を行った」

と発言している。

これは上海で最大の公式メディアである「Yicai Global」から発表されており、この報道によるとPBoCから「ビットコイン取引所停止命令」が9月末までに正式に発表されるとのことである。

中国のビットコインの取引停止に関する問題は今年の年初から続いており、今年1月にPBoCは、中国のビットコイン取引所の調査を開始。PBoCの担当者が上海金融事務所と協力して、BTCCを訪問し、規制を遵守するよう注意喚起を行っている。

今週は中国のビットコインに関する規制報道があったことによって、中国の3大取引所でのビットコインの価格が大きく下落している。

ちなみに執筆時点では、BTCCにおいて3,251ドル(約357,610円)、OKCoinでは3,362ドル(約369,820円)、Huobiでは3,321ドル(約365,310円)となっている。

中国市場の低迷に伴って、世界平均のビットコイン価格は3,667ドル(約403,370円)に下落している。

原典:「China Bitcoin Exchange Ban ‘Certain’; BTCC to Suspend Trading; Shanghai Issues Verbal Shutdown Order: Reports

ここまでの内容と考察

中国のビットコイン取引所停止に関する問題により、仮想通貨の価格が下落しています。

この報道が出るまで、中国のビットコイン取引所停止は噂止まりでしたが、BTCCからの発表があったことから、事実であることが明らかとなりました。

これにより、中国人のビットコイン売りが加速し、世界的なビットコイン価格下落を招いています。

ビットコインの取引量の多くを占める中国において取引所が停止されるとなるとビットコインの成長に与える大きさは決して小さくないでしょう。

加えて、ここ最近、世界的に仮想通貨市場を低迷させるような悪いニュースや、著名人の発言が続いています。

中国のICO禁止からはじまり、中国の取引所停止、JPモルガンのCEO(最高経営責任者)の「ビットコインは詐欺」発言など、ビットコイン価格を下落させる要因が多発しています。

また、日本国内でみても、ビットコインとアルトコインにも税金がかかるという金融庁の発言など、仮想通貨価格の上昇を妨げるマイナス要素が出ています。

ただ、今まで、様々なマイナス要素がありながらも上昇をし続けてきたビットコインですので、今回も一時的な下落にとどまると考えるのは自然ではないでしょうか。

まだまだ、最新ニュースの動向には目を離せませんね!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信