フィリピンの中央銀行が新しく2つの取引所を承認!

フィリピン、中央銀行が新しく2つの取引所を承認!

フィリピンの中央銀行Bangko Sentral ng Philipinasは、新しく2つの仮想通貨取引所によって提出された申請を承認した。

今回承認された取引所は、Virtual Currency Philippineと、Etranssの2つで、すでにフィリピンペソを仮想通貨と交換できるプラットフォーム。

そんな同国中央銀行では、仮想通貨の安い送金手数料と、送金スピードを認識しているが、仮想通貨のボラビリティ、犯罪行為、およびサイバーセキュリティのリスクに依然として注意を払っているという。

またマネーロンダリング防止委員会は、不正を取り締まるための一環として、仮想通貨取引の観察を開始する。

企業はそれらの対象となる取引と、不自然な取引を報告する義務があるようだ。

そんなフィリピンでは、過去数年間でペソから仮想通貨への変換が大幅に増加しており、著しい成長が見られる。

さらにそれを加速させるように、フィリピン政府が、4月にカガヤン経済区で10のブロックチェーンと仮想通貨企業を運営する事を発表し、今後の成長がますます期待されている。

原典:「Central Bank of the Philippines Accredits Two New Crypto Exchanges

ここまでの内容と考察

文中にもあったように、フィリピンで仮想通貨が大いに盛り上がっています。

また経済特区で、仮想通貨事業を開始するなど、政府の仮想通貨に対する考え方が変わって来ています。

特にフィリピンは出稼ぎ労働者が多く、海外送金が安価に行われる事で、流動性がさらに増し、経済効果が期待できるでしょう!

今後のフィリピンの動向や、各国の仮想通貨を取り巻く環境に注目です。
 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事