ビットコイン価格が急騰、近いうちに5,000ドル超えか

ビットコイン価格が急騰、近いうちに5,000ドル超えか

9月27日、ビットコイン価格は5%上昇し、3,930ドル(約432,300円)から4,115ドル(約452,650円)となった。

ビットコインのアナリストであり熟練のトレーダーでもある、Tone Vays(トーン・ベイズ)氏とSqueeze(スクイーズ)氏は、短期間で5,000ドル(約550,000円)に達するだろうと予測している。

さらに、Squeeze氏に至っては、

「現在の勢いが今後数日間維持されるなら、ビットコイン価格は来月中に6,000ドル(約660,000円)まで上昇するだろう」

と発言している。

また、ビットコイントレーダーでありアナリストでもある、Tuur Demeester(ツール・デメスター)氏は、

「ビットコインチャートが、抵抗ラインを突破した。韓国、日本、欧州、米国の取引量が堅調に推移するとなると、近々、ビットコイン価格が急騰する可能性がある。」

とツイートしている。

安全資産としてビットコインの需要が増加

9月25日、「アメリカが宣戦布告をした」と北朝鮮外相が声明を発表した際、CNBCを含む報道各社が一斉に米国、韓国、日本の株価は下落すると報道。

一方、ビットコイン価格は3日足らずで3,500ドル(約385,000円)から4,100ドル(約451,000円)へと600ドル(約66,000円)の上昇を見せた。

ビットコインは、2016年の初頭以降、ずっと個人投資家と機関投資家によって資産を避難させる安全資産として考えられているからである。

ボラティリティが大きい経済の動きが不確実な時期に、ビットコインや金などの安全資産に資産を移動させる傾向にある。

今回は、北朝鮮のリスクが発生したことから、資産からビットコインに資産を移した投資家が多くいるのではないかと考えられる。

一方、現時点では、中国国内におけるビットコインに対する規制の問題や、SegWit2xのハードフォーク(ビットコイン関係者の対立によるビットコインの分裂)の問題など複数のネガティブな要因により、ビットコイン価格は5,000ドル(約550,000円)の壁を突破するのに苦戦している。

世界的なビットコイン取引市場は、中国政府によるビットコインに関する規制による価格下落から回復してはいるものの、まだ心配要素として中国のマイニングに関する規制と規制にかかわる罰金の可能性が残っている。

さらに、依然として今年11月にSegWit2xが実装され、ビットコインが分裂するリスクもある。

ビットコインアナリストのDemeester氏は、SegWit2xのハードフォークが発生しないとなった場合、ビットコインの価格は急上昇する可能性が高いと予想する。

【補足】SegWit2xの不透明性とビットコイン価格
ちなみに現段階ではSegWit2xは必要ないことが明らかになった。

というのも、8月に実施された処理速度を速めるアップデート「SegWit」が実装される以前はビットコイン取引の処理容量を表す「mempool」のサイズはわずか1,100万バイトだった。しかしSegWitの実装によって、「mempool」のサイズは1億4,000万バイトを超えたのである。

SegWitは徐々に対応領域を広げているのだが、SegWit対応範囲がわずか5%未満にもかかわらず、処理速度は大幅に改善されている。

今月中に50%以上がSegWit対応になると、さらなる処理速度の改善と取引手数料の削減が見込まれる。

よって、現在の取引量では、ビットコインアップデートを行う適切な時期ではないと言える。

原典:「Bitcoin Price Surges to $4,115; Analysts See $5,000 Ahead

ここまでの内容と考察

ビットコインの価格が、9月27日から9月28日にかけて急騰しました。

本文にあるように、北朝鮮リスクに反応した投資家が、安全資産としてビットコインを選び、価格が上昇したということはまちがいないでしょう。

ただ、今回の価格上昇の主な原因は、中国の規制問題が出尽くしたことだと管理人は考えています。

9月上旬に発表された中国の仮想通貨に対する規制強化にはじまり、様々なマイナス要因が出たことで、大きく価格が下落しました。

ここ数日はマイナス要因が出尽くしたことでポジティブなニュースが目立つようになりました。同じように、ビットコイン市場がマイナス要因は出尽くしたと判断したため、ビットコインの価格が上昇してきているのではないでしょうか。

今後、マイナス要因となる大きなニュースが出なければ、ビットコインをはじめとした仮想通貨市場はく右肩上がりに上昇していくと予想できます。

ただ11月にはSegWit2xによって、ビットコインが分裂してしまうリスクがあり、来月の中旬あたりから、価格が乱高下するがありますリスクには注意する必要

前回の8月にハードフォークの問題が発生した際も大きく価格が下落したことを踏まえると、安心はしていられません。

今後も注力してビットコインに関するニュースを見ていく必要がありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信