ビットフライヤーがアメリカ市場への参入を発表!既に42州で承認

日本の最大手仮想通貨取引所「BitFlyer」がニューヨーク州金融局などの金融規制当局からの承認を受けて正式にアメリカで取引所をオープンすることを発表した。

11月28日に開催された、コンセンサスインニューヨークというイベントにおいて、ビットコインの代表加納氏は、「まずは、2000人の初期ユーザーが利用するβ版取引所をオープンする。」と述べた。

加えて、

「ビットフライヤーは、ニューヨークでビジネスを行うライセンスをいただけたことを誇りに思います」

と語っている。

ビットコインフライヤーはニューヨークだけでなくアメリカ全土の42州で事業許可を得ている。

現在、ビットフライヤーUSの取り扱い仮想通貨はビットコインのみであるが、徐々に種類を増やしていく予定であるという。

ビットフライヤーの発表に対する期待からモナ―コインの価格が上昇

ビットフライヤーUSへモナーコインが上場するのではないかという期待から、モナ―コインの価格が急騰。一時2倍まで急騰した。

しかし、その後モナーコインの取り扱いがないということが分かると、価格が急落、元の価格付近に戻った。

上場の噂だけでモナーコインが2倍まで上昇してしまうビットフライヤーの注目度は非常に高い。

既にビットフライヤーは世界的に注目されている取引所となっており、今後アメリカ進出を契機にますます大きな取引所になっていくだろう。

引用:「https://bitflyer.jp/pub/bitlicense-and-the-united-states-launch-ja.pdf?utm_campaign=newsletter&utm_source=newsletter&utm_medium=email」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る