ビットコインキャッシュが11月に再度ハードフォークか?

ビットコインキャッシュが11月に再度ハードフォークか?

ビットコインキャッシュの開発を推進するビットコインABCは、ビットコインキャッシュのマイニング難易度調整に関するアルゴリズム「Emergency Difficulty Adjustment(EDA)」に関する問題を修正するためのハードフォークを発表した。

ビットコインキャッシュEDAの問題

8月1日に現行のビットコインから分裂したビットコインキャッシュは、ビットコインよりブロックサイズが大きく送金スピードが速いと言われる。しかしビットコインキャッシュ誕生以降継続してビットコインキャッシュに関する問題が取り上げられている。

それは、マイニングがほとんど行われない期間があり、送金が反映されるまで長時間かかる場合があるというということである。

マイナーは、現在ビットコインとビットコインキャッシュのマイニングを両方行っており、収益性に応じてビットコインとビットコインキャッシュのマイニングを入れ替わり行っている。

一部のマイニンググループは、自動的に収益性の高い方をマイニングするように設定している。そのため、ビットコインキャッシュのマイニング難易度がビットコインのマイニング難易度を超えるとビットコインキャッシュのマイニングを全く行わなくなる。

すると、ビットコインキャッシュの取引に関する計算をするマイナーが極端に減少し、送金詰まりが発生する。

マイニングが行われないと自動的にビットコインキャッシュのマイニング難易度が低下し、収益性が向上するため、マイニンググループはビットコインからビットコインキャッシュに戻ってくるため、送金詰まりが解決される。

現在のマイニング難易度調整に関するアルゴリズムをEDAと言う。

このビットコインキャッシュの送金詰まりが定期的に発生することが問題となっており、ビットコインキャッシュが実際に普及していくためには、この問題を解決しなければならない。

難易度調整の問題に対するビットコインABCの案

これに対して、ビットコインキャッシュ開発を主導しているビットコインABCのアモリ・セシェ氏によって開発された、D601というアルゴリズムに基づいて開発された難易度調整アルゴリズム「DAA」を解決案として挙がっている。

DAAを有効にするために、11月13日にビットコインキャッシュのハードフォークを行うという計画をビットコインABCは発表した。

DAAの詳細な内容は下のようになっている。

・難易度をハッシュレートに調整し、平均ブロック間隔を600秒に設定する
・ハッシュレートが安定している場合、難易度調整を行わない
・ハッシュレートが急激に変化した場合、難易度を即座に調整する
・ハッシュレートと難易度の間のフィードバックからの振動を避ける
・タイムスタンプ操作などの攻撃に対して復元力を持たせる
・11月13日にハードフォークを行いDAAにアップデートする

オリジナルのビットコインの開発者がビットコインキャッシュのDAAを批判

一方で、BitcoinABCにおいて、DAAへのアップデートは前向きに進められていますが、オリジナルのビットコイン開発者からは批判を受けている。

オリジナルのビットコインのコア開発者であるトム・ザンダー氏は、ブログ記事で「心配である」と述べ、

「DAAに関するシミュレーションを見たことがなく、我々からの批判への返答はない。このハードフォークの目標が何であるかについての声明も出ていない。これはビットコインキャッシュの開発者が孤独を選択している。これに対して我々は厳しく言及していくべきである。」

と加えている。

原典:「Bitcoin ABC Proposes November Hard Fork to Stabilize Bitcoin Cash Mining Difficulty

ここまでの内容と考察

「ビットコインの神」と言われているロジャー・バー氏と世界最大のマイニンググループを運営するジハンウー氏が推奨しているビットコインキャッシュですが、マイニング難易度の調整による送金詰まりの問題が発生していました。

ロジャーバー氏のビットコインキャッシュ支援に関する発表があったことで一度ビットコインキャッシュの価格が急騰しましたが、その後急落しました。この急落もビットコインキャッシュの送金詰まりが原因だと考えられます。

というのもビットコインキャッシュが急騰後、利益確定のために売却しようとした人が、自分のウォレットから取引所にビットコインキャッシュを移動しようとした際に、送金づまりで移動できず。その後、マイニング難易度の調整でビットコインキャッシュの送金が通常通りできるようになったことで、ビットコインキャッシュの売却したい人が殺到しました。

この流れがビットコインキャッシュ価格急騰後に急落した一つの要因だと思います。

今後、DDAハードフォークがされれば、このビットコインキャッシュの難易度に関する問題が解決されるでしょう。


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *

【※6月限定※】
今登録すると、今後値上がりが期待できるコインの情報を専門家の解説付きで2つご案内!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信