ビットコインキャッシュのコア開発者が「ビットコインは消え去る」と発言

ビットコインキャッシュが11月に再度ハードフォークか?

ビットコインキャッシュのリード開発者デアダル・ニックス氏が、「8月のハードフォークにより、本来のビットコインは消え去った」と発言した。

ニックス氏は、現在存在するのは「ビットコインキャッシュ」と「ビットコインレガシー」だと主張している。以下がニックス氏のツイートだが、現在は削除されている。

彼の声明は、「ビットコインをビットコインレガシーという名称に変更しようとしている人々に注意するべきだ。ビットコインキャッシュはビットコインになれない」というアルコンセ・ペイス氏のツイートに対する返答として出された。

さらにニックス氏は「ビットコインはビットコインになることはできない」と追加。このビットコインキャッシュ支持の発言に対して、2011年にBitInstantを設立したチャーリー・シュレム氏は、自身のツイッターでニックス氏の発言を後押しするツイートを行っている。他にも様々な著名人がニックス氏の発言に対して反応した。

アルフォンス・ペイス氏は、このようなビットコイン業界の反応に対して、仮想通貨市場にとって、ビットコインの名称変更をしない方がベターであるということを言いたいだけであったことを強調。

さらに、最近のビットコインの価格高騰に関して、ビットコインキャッシュの存在を無視できないことや、ビットコインキャッシュをサポートしている人たちが仮想通貨市場へ大きな注目をしていることを追加した。

ビットコイン価格の高騰要因

今週、世界的に有名な取引所Bitstampとウォレットサービスを提供するBlockchainが、年末までにビットコインキャッシュの取り扱いを開始することを発表。

また、数千億円のビットコインとビットコインキャッシュを保有する「ビットコインの神」と呼ばれるロジャー・バー氏は、ソーシャルメディアの数万人のフォロワーに対してビットコインキャッシュの普及を促進するマーケティングを度々行っている。

一方、ビットコインを支持するライトコイン設立者チャーリー・リー氏をはじめとした様々な業界の専門家はビットコインキャッシュに対して否定的である。

別のビットコインの死亡記事?

一方、有名な仮想通貨投資家マックス・カイザー氏は、ビットコインの価値が10万ドルに上昇すると述べた。

カイザー氏は

「ビットコインが消え去るという内容の記事が大量に書かれているが、真実ではない。ビットコインは、人類がお金に関する混乱から解放されることのできる神からの贈り物だ。」

と述べている。

原典:「https://www.cryptocoinsnews.com/bitcoin-cashs-lead-dev-says-bitcoin-is-dead-and-split-into-two/」

ここまでの内容と考察

ロジャー・バー氏のマーケティング活動の影響もあってか、ビットコインキャッシュの価格は1ヶ月前から3倍以上に上昇しています。

管理人が数か月前のとあるミートアップに参加した際、ロジャー・バー氏がビットコインキャッシュを推奨したのを聞いたが、その際は彼の話には半信半疑でした。。。

それが今となっては仮想通貨市場、いや金融市場に大きな影響を及ぼすようになるまで大きな出来事となっています。

ある一人の発言で大きく価格が動く市場が他にあるでしょうか?

仮想通貨市場というのは、ビットコインに初期からかかわってきた人々によって動かされる市場。

最新情報、オフラインでの情報を集め続ける必要はありますが、こんなに予測しやすい価格変動をする市場はないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る