8月24日11時、遂にビットコインにSegWitがアクティベート

ビットコインコア開発チームのスケーリングソリューションとSegWitは、長年にわたるテスト、開発、および議論を経て、最終的にビットコインネットワークに実装した。

ライトニング創始者のElizabeth Stark(エリザベス・スターク氏)、Blockstream(ブロックストリーム社)の幹部Samson Mow(サムソン・モウ氏)、ライトコインの創設者Charlie Lee(チャーリー・リー氏)、RT社のMax Keizer(マックス・カイザー氏)、ビットコインの投資家Alistair Milne(アリスター・ミル氏)を含む仮想通貨の専門家やアナリストは、SegWitのアクティベーションに楽観的である。

特にビットコインのセキュリティやスケーラビリティを大幅に向上させると考えている。

スターク氏は、数年前から開発中の2層マイクロペイメントソリューションであるライトニングが、SegWitを使用したビットコインアプリケーションとプラットフォームに最終的に実装されると記している。

ライトニング開発チームはまた、ブロックチェーンネットワークに既にSegWitが有効になっているため、ビットコインとライトコインのクロスチェーンスワップがSegWitによって可能になると発表しました。

リー氏はさらに、ライトコインがSegWit対応のメインネットでライトニングをテストすることを強調した。

これによって、近い将来にクロスネットワークスワップのテストするプロセスが容易にできるようになる。

「ライトコインメインネット上でライトニングをテストするために、今、Xinxi Wang(シン・ワン氏)とFranklyn Richards(フランクリン・リチャード氏)と一緒に仕事をしている。」

と、リー氏は言った。

ライトニングやTumbleBitなどの2層ソリューションに必要なインフラストラクチャの展開に加えて、SegWitは最終的にビットコインネットワークに組み込まれ、ビットコインハードウェアウォレットやその他のプラットフォームでは、トランザクション処理のセキュリティ対策が強化されます。

以前は、Blockstack社の共同設立者Ryan Shea(リャン・シャー)は、

「スケーラビリティはSegWitが提供する多くの利点の1つであり、非常に効果が大きい」

と説明した。

「とにかく、SegWitは、大きな利益をもたらす。実際には驚くほど多くの問題を改善する。それは本当にすばらしいことである。だからこそ、すべてのメリットをリストアップする価値がある。」

とシャー氏は述べている。

シャー氏が明らかにした多くの利点には、線形スケーラビリティのためのシグネチャハッシュの最適化、ハードウェアウォレットの安全なエコシステム、アップグレード、ノードの帯域幅削減などがある。

SegWitにより取引手数料が増える?

コミュニティの大部分がSegWitで予想していた2つの利点は、効率的なハッシングによって提供されるスケーラビリティとビットコインブロックの高速の最適化を含む。

SegWitはビットコインブロックを75%まで最適化することが予想されており、ビットコインコミュニティではトランザクション手数料が大幅に減少すると予想されていた。

しかし、SegWitの後、取引手数料は反対に増加した。

最近のmempoolのサイズと取引手数料の急増について説明できる理論がいくつかあり、アリスター氏とWhalePanda(ホエール・パンダ氏)を含む有名なアナリストは、スパム攻撃を指摘している。あるグループが政治的な理由から、ネットワークを詰まらせるために小さなスパム取引を行っていることを示唆しているということである。

「この種の小規模なトローリングは2倍のサポートを改善するものではなく、反対の効果をもたらす可能性がある」と、ミルン氏は述べている。

ビットコイン市場のデータプロバイダBraveNewCoin社とのインタビューで、ビットコインアナリティクスプラットフォームのOXT開発者Laurent(ローレント氏)は、

「2016年と2017年に18件のスパム攻撃がビットコムネットワークにストレスを与えた」

と主張している。

最近のビットコイン取引手数料の急増はスパム攻撃によって引き起こされたと結論づけることはできない。しかし、mempoolサイズの急激な増加は、スパム攻撃がBitcoinブロックチェーンネットワークをターゲットにしていることを示している。

もしそれが実際にスパム攻撃であれば、ビットコイン mempoolは数週間以内に落ち着き、ビットコインの取引手数料は1ドル(約110円)以下まで減少するだろう。

ある分析ブログの記事では、ビットコイン開発者とエンジニアリング担当の副代表であるArmory Jimmy Song(アモリー・ジミー・ソング氏)は

「いくつかの個人がコミュニティを集めてSegWitを有効にすることを許可した」

と説明した。

ジミー氏は、 Barry Silbert(バリー・シルベール氏)やBIP 91の作者 James Hilliard(ジェームス・ヒリアード氏)、BIP 141の著者であるShaolin Fry(シャオリン・フライし氏)、ライトコインの創作者Charlie Lee(チャーリー・リー氏)、SegWitの作家、Pieter Wuille(ピーター・ウーリー氏)の成功の一部を挙げている。

「私が過小評価したのは、個人の力だった。ビットコインの過去8カ月間に影響を受けたこれらのイベントはすべて、実際、ビットコインエコシステムにかかわっている人々の力である」

と話している。

「これらの出来事が良いことなのか悪いことなのかは関係なく、実現するために熱心にアイデアを持って働く人々が、ビットコインに問題を起こすことは否定できない」

と語った。

原典:「Bitcoin Gets an Official Upgrade with SegWit; Improved Scaling and Security

ここまでの内容と考察

昨日8月24日11時ごろ、ついにSegWitがアクティベートされました。

また、この議論は、昨年からずっと続いている話であり、長い期間をかけてやっと実現しています。

SegWitの実現により、ライトニングネットワークなどを取り入れることも視野に入れると、ビットコインのさらなる発展にワクワクしますね。

ビットコインに関する大きなニュースは11月のハードフォークまで、今のところないようなので、相場は一度安定しそう。

ただ、SegWitアクティベート後に2倍の価格に上昇したライトコインの事例を考えると、上昇する可能性も否定できませんし、高材料が出尽くしたので下がる可能性も考えられます。

一旦、様子見することをおすすめします。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信