ビットコインの価格が回復している3つの要因とは?

ビットコインの価格が回復している3つの要因とは?

ここ数日ビットコインの価格が上昇し、5,960ドル(約655,600円)まで回復し、6,000ドル(約660,000円)という一つの基準まで近づいている。

ビットコインの価格は6,000ドル(約660,000円)に近づく

先週ビットコイン価格は約6,200ドル(約682,000円)という過去最高値を更新したが、その後は苦戦していた。

24日の朝の時点でのビットコイン保有者に対してビットコインゴールド配布されることになるため、その直前までビットコインの価格は上昇していた。

しかし、ビットコインゴールドハードフォークの直後に、投資家がビットコインからアルトコインに資産を移し始めたため、価格は急落し始め、5,400ドル(約594,000円)を下回った。

しかし、世界的大手仮想通貨取引所Bitfinexでのビットコイン取引価格は、26日に6,000ドル(約660,000円)近くの、5,966ドル(約656,260円)まで回復。

現在、ビットコイン価格は5,916ドル(約650,760円)であり、直近24時間で6%の上昇を記録している。

韓国の取引所では、相変わらず世界平均より高い価格で取引されており、韓国最大手の仮想通貨取引所Bithumbの取引価格は、世界平均を102ドル(約11,220円)上回る6,017ドル(約661,870円)である。

ビットコイン価格上昇の背景

昨日からのビットコイン価格上昇は、いくつかの要因が重なっている。

一番大きな要因となっているのは、ビットコインゴールドの不人気である。ビットコインゴールドは、開発の遅れからセキュリティ面の不安が残っているため、価格が急落。それに伴って、ビットコインゴールドに流れていた投資家がビットコインに資産を戻したと考えられる。

すでにビットコインゴールドを取り扱っている取引所があるのだが、現在ビットコインゴールドの価格は、125ドル(約13,750円)という非常に安い価格で取引されており、コミュニティの支持はほとんどない。

もう一つのビットコイン価格上昇の理由は、世界的大手ECサイト「Amazon」がビットコイン決済を導入するかもしれないという噂である。

アマゾンがビットコイン決済を導入するという噂は2014年から何度か上がっているが、いづれも噂の域をでなかった。ただ、今回は、ドイツの有名なメディアが報じたことで期待感が高まり、ビットコイン価格に上昇圧力をかけた。

しかしながら、26日に発表があるのではないかという話であったにもかかわらず、いまのところアマゾンからビットコイン決済導入の話はでていない。

最後の理由としては、SegWit2xに対する期待である。ビットコインゴールドに加えてSegWit2xビットコインを手に入れるためにビットコイン保有者が増えていることが考えられる。

原典:「3 Factors Helping bitcoin Price Recover Near $6,000

ここまでの内容と考察

昨日から、ビットコイン、ビットコインキャッシュという2通貨がの価格が上昇している。ビットコインキャッシュは、「ビットコインの神」と呼ばれているロジャー・バー氏が推奨していることや、SegWit2xの先導者たちから支援されていることを考えると、価格上昇をしてもおかしくありません。

ただ、現段階でのビットコイン価格上昇理由は明確にわからないのですが、本文にあるようにビットコインゴールドへの不信感と言う点が一番大きな要因ではないかと思います。

また、別の理由として、への進出が増えている投資ファンドの仮想通貨市場ことも可能性として挙げられます。ここ最近ビットコインETFやETNなどが注目され始めており、機関投資家が仮想通貨市場へ参入しやすい環境が整いつつあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LINE

facebook

ページ上部へ戻る