ビットコインの下落は市場が成長していくためには不可欠?

ビットコインの下落は市場が成長していくためには不可欠?

2018年ビットコインの価格が大きく低迷をしている一方で、ロンドンを拠点とする仮想通貨仲買会社のBitcoinBroは成長をしている。

BitcoinBroのCEOであるOliver von Landsberg-Sadie(オリバーフォン・ランズベルグ・サディー)氏は、過去4週間でビットコインの価格は約50%も失っているにも関わらず、彼は「心配していない」とアメリカの大手金融情報サイトBloombergに語った。

それに加え、「仮想通貨は短期的な痛みを抱えている」と主張。

これは長期的に仮想通貨を見ていて、最終的に仮想通貨市場が良くなることを示唆し、短期的な価格の下落は気にしないということだ。

そんなビットコインのチャートはこのように下がっているが、このチャートは市場が成長している証だという。

また、仮想通貨がマネーロンダリングや不正ツールではないということも今後成長する要因として挙げられる。

KYC(顧客確認)とAML(マネーロンダリング対策)

BitcoinBroの最高経営責任者は、仮想通貨が低迷する理由に韓国の規制環境を挙げた。

韓国の規制当局は仮想通貨取引所に関する規制を行っているにも関わらず、仮想通貨における不正取引で6億ドルが不正取引されていたことを発表。

そんな中Landsberg-Sadie氏は、KYC(顧客確認)とAML(マネーロンダリング)プロトコルはビットコインを成長させていると発言。

von Landsberg-Sadie氏は批判的な意見にも関わらずビットコイン自体はマネーロンダリング活動に適していないと指摘。

BlackRockのCEOであるLarryFink氏は、

「ビットコインは世界のマネーロンダリングの需要を反映している」

と述べた。

一方、von Landsberg-Sadie氏は、ビットコインのブロックチェーンに沿って追跡が可能であるためビットコインなどを身代金として請求するサイバー攻撃Wanna Cry などのハッカーは、「間違いな選択」であると語った。

さらにBitcoinBroのクライアントの1人は、ビットコインを盗まれたが犯人の追跡は容易いと主張した。

今年最大の買い物?

一方Fundstrat Global Advisorsの共同設立者のTom Lee氏は、「2018年の最大の買い物」として、ビットコインを9,000ドル(約98万円)の金額時に買うことを提案した。

2018年のビットコイン目標値は25,000ドル(約270万円)で、これらの予測からビットコインでの利益が見込まれるからだ。

原典:「Bitcoin Price Slump Merely “Growing Pains”: Cryptocurrency Brokerage Executive

ここまでの内容と考察

2017年から2018年現在まで仮想通貨市場は大きな価格低下が起こっています。そんなビットコインの価格は100万円を切りました。

世間から仮想通貨やビットコインに不安の声が聞こえてきますが、仮想通貨市場投資家にとっても今は我慢の時期だと思います。

長期的に見ても仮想通貨やブロックチェーンのシステムは、私たちの暮らしをよりよくする可能性を秘めていますので、価格の低下に惑わされず、最新の情報を追いましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信