ビットコインが11,000ドルを割り込む大暴落を記録

ビットコインの価格が下落し、11,000ドルを下回る

22日、ビットコインの価格が約11,000ドル(約121万円)に急落した。これは仮想通貨市場全体が調整局面に入った事が起因していると考えられている。

仮想通貨市場全体の時価総額は現在約5,180億ドル(約56万9,800円)で、こちらもビットコインの価格低下と同様、約7%近く下落している。

ビットコインの価格が一時11,000ドルを下回る

ビットコインの価格は、仮想通貨市場全体の動きと連動するかのように下落した。一時は約11,000ドル(約121万円)を割り込み、もう少しで4桁台の価格(ドル)に突入する勢いであった。

現在、ビットコインはBitfinexで約1万500ドル(約115万5,000円)で取引されている。これは時価総額に換算すると、約1,800億ドル(約19万8,000円)である。

こうしたビットコインの暴落があった一方で、韓国から新たに嬉しいニュースが入ってきている。韓国の大手銀行が仮想通貨を守るべく、仮想通貨の出入金を手助けする計画を発表したというのだ。

期間は未定だが、仮に一時的にせよ、これは仮想通貨ユーザーにとっては朗報だろう。加えて一部報道によれば、韓国政府は仮想通貨取引を容認する方向で考えているという話もあがっている。

取引を通じて、仮想通貨の先物取引を記録し、より仮想通貨が金融商品としての立場を確立していくための働きかけを行っていくという。

イーサリアムの価格も一時1,000ドルを割る

22日に大暴落を記録したのはビットコインだけではない。同日昼過ぎにはイーサリアムも、約6%の急落を記録した。

イーサリアムは現在約970ドル(約10万6,700円)で取引され、時価総額は約960億ドル(約10兆5,600万円)まで下がっている。

EOSとStellerがアルトコイン内で圧倒的な存在感を放つ

ビットコイン・アルトコインが軒並み暴落している中で、EOSとStellerという2つの仮想通貨だけは大きくリターンを計上し、異彩を放っている。

暴落した通貨でまずリップルは、1日で約11%も下落した。これは仮想通貨ランキングトップ10の銘柄の中で最悪の結果である。

リップルは暴落した影響で、約467億ドル(約5兆1,370億円)まで時価総額が下落した。

続いて、ビットコインキャッシュは、約10%の下落を計上。現在は約1,600ドル(約17万6,000円)で取引され、時価総額は約270億ドル(約2兆9,700億円)である。

そして「エイダコイン・ライトコイン・NEM・NEO」といった4種類のアルトコインは、それぞれ約8%の下落を記録した。これは仮想通貨市場全体が調整フェーズに入っている事を如実に表す結果を表す事となった。

上述の通り、ほぼ全ての仮想通貨が暴落した中で、EOSとStellerだけが流れに逆らう形でリターンを生んだというわけだ。

特に顕著だったのはStellerで、約5%の高騰を記録し、約86億ドル(約9,460億円)で現在時価総額ランキング8位にランクインを果たした。

一方EOSは、Stellerに肉薄する約4.5%上昇し、約14ドル(約1,540円)となった。時価総額は約136億ドル(約1兆4,960億円)を記録している。

原典:「https://www.ccn.com/bitcoin-price-dips-11000-market-endures-correction/」


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事