ビットコインに対する国家の規制の強さは、経済的な自由度に反比例する

世界中で経済的自由についての研究が行われていて、経済的自由は一人当たりのGDPと明らかに相関していることがわかった。

ビットコインを禁止または過剰規制している国は、経済自由度ランキングが低く、一人当たりGDPが低い国もある。

これらの不自由な政権は国民の貧困を生み出す役割を果たす。

2017年アメリカワシントンにあるヘリテージ財閥の経済自由度指数によれば、以下の5カ国が最も経済的に自由があった。

1.香港
2.シンガポール
3.ニュージーランド
4.スイス
5.オーストラリア

ヘリテージ財閥は経済自由を評価するために次の4つのカテゴリーを使用します。

1.法の支配 (財産権、政府の完全性、司法上の有効性)
2.政府規模 (政府支出、税負担、財政健全性)
3.規制効率 (ビジネスの自由、労働の自由、金銭の自由)
4.オープンマーケット(自由貿易、投資自由、財政自由)

世銀2016年の数字を使って経済的に自由な5カ国の1人当たりのGDPを見てみる。

1.香港       43,681ドル (約483万円)
2.シンガポール   52,961ドル (約586万円)
3.ニュージーランド 39,427ドル (約436万円)
4.スイス      78,813ドル (約872万円)
5.オーストリア   49,929ドル (約552万円)

経済的自由を持つ国と人々幸せは相関する。国が経済的に自由であればあるほど国民にとって良い。

経済成長と一人当たりのGDP増加は人生の長期化、選択肢の拡大、環境汚染の減少、家族の小規模化、新しい技術革新につながる。

そして国がより豊かになると、効果的に地球を救うことができる。

ビットコインを禁止する国は経済自由度指数が低い

以下の5カ国がビットコインを禁止している。

1.モロッコ
2.ボリビア
3.エクアドル
4.キルギス
5.バングラディシュ

さらにこれらのビットコインが禁止されている国の経済自由度指数のランクを見てみる。

1.モロッコ2,832ドル(約31万円)
2.ボリビア3,105ドル(約34万円)
3.エクアドル5,969ドル(約66万円)
4.キルギス1,077ドル(約11万円)
5.バングラディシュ1,359ドル(15万円)

ビットコインを受けられる自由で豊かな国

日本は、ビットコインの合法的入札を宣言している。この動きがGDPの増加につながったと考えられる。

中国最大の仮想通貨取引所は日本と韓国に移転する契約を提携した。

スイスのZugで仮想通貨インキュベーターを開発した。Cyrto Valleyはブロックチェーンと暗号技術の最前線を目指す政府支援の協会である。

これらの国々は国民の経済的な自由を推奨し仮想通貨への投資を行うことが可能であり、それに相関してこれらの国々は非常に豊かである。

より経済的に自由な国があるほどより豊かな結果が傾向がであった。

賢い政府はブロックチェーンと仮想通貨を引き続きサポートするであろう。

ここまでのまとめと考察

経済的に自由な一人当たりのGDPは相関しているという記事でしたが、ビットコインについての対策は国よって違い韓国などではICOを禁止しているなど各国で対応が違います。

気になるのは日本の政策だと思いますが、日本は仮想通貨に非常に寛容で仮想通貨を紙幣として認めています。

ですがもし国が仮想通貨取引の規制を行った場合仮想通貨の取引を行えなくなるので各国の仮想通貨の動向には注目が必要です。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信