衝撃の調査結果?アメリカ人は仮想通貨を保有していない!

アメリカが仮想通貨取引所に対して国レベルでの規制を実施?

アメリカの大人の90%以上が仮想通貨を所有しておらず、多くの人が仮想通貨について不安を抱いていることが調査会社「finder」の調査で分かった。

この調査によると、アメリカ人の成人2,001人へ行ったアンケートのうち、約8%だけがBitcoinなどの仮想通貨に投資している状況。

仮想通貨を投資しない理由では、

・複雑で理解するのが難しい
・使うのが難しい
・仮想通貨詐欺である
・多くの手数料が掛かる
・必要ではない、興味がない
・バブルだ
・リスクが高い

などが挙げられた。

また年代別にみると投資している人の中で1番全体の17%強を上回ったという。

やはりミレニアム世代(1980年代半ば~2003年に生まれた世代)のほうが仮想通貨について興味を持っていることがわかる結果となった。

原典:「Fewer Americans Hold Cryptocurrencies Than You Probably Think」

ここまでの内容と考察

今回のニュースは非常に面白い結果ですよね。アメリカは仮想通貨を盛んに行っているというイメージがあるので興味深い結果です!

そしてやはりミレニアム世代の方が仮想通貨に興味があるという結果でこちらは予想通りの結果でした。

ですがそんなアメリカ人は仮想通貨への関心は非常に高いです!

アメリカのテレビ番組では、度々仮想通貨について報道されており、最新情報を追っています。

日本でも仮想通貨がニュースやワイドショーで報道されていますが、コインチェックのハッキング事件から関心が離れています。

今後の仮想通貨市場や最新情報に注目です!

▼関連記事▼
韓国で再びルール改訂!?今度はICO規制を緩和か

ついにみずほ銀行も!独自仮想通貨Jコインの実験開始


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事