モナーコイン(Monacoin)の仕組みや魅力を大解説

モナーコインの仕組みや魅力は?

日本の2chから生まれた仮想通貨とは?

今回は日本の有名なネット掲示板「2ch」から生まれた仮想通貨「モナーコイン(Monacoin)」についてまとめてみました。

現在700種類以上の仮想通貨が世に出回っていますが、その多くは海外発祥の仮想通貨です。そんな中、最初に日本で生まれた仮想通貨「モナーコイン」の人気が急激に高まってきています。

モナーコインは2chの2chpoolを運営していた「わたなべ氏」が2013年に公開し、様々な魅力がある仮想通貨として注目を浴びています。そこで今回は、そんなモナーコインの基本的な情報や魅力、モナーコインを扱っているおすすめの取引所を紹介していきます。

そもそもモナーコイン(Monacoin)ってどんな仮想通貨なの?

モナーコインというのは、元々は2chのねこのようなキャラクターの「オマエモナー」からきています。

モナーコインはネット用の取引を公開して記録している「モナーコインネットワーク」というシステムを採用しています。モナーコインネットワークというのはビットコインのブロックチェーンと同じように、取引の記録を分散してみんなで管理するシステムです。

そのため中央集権的な管理組織は不在の仮想通貨になります。また海外発祥の仮想通貨が多い中、モナーコインは日本で生まれた仮想通貨です。

つまり説明や公式サイトもすべて日本語で書かれているので仮想通貨が初めての初心者には馴染みやすい仮想通貨だと言えますね。

2chから始まったモナーコインの3つの特徴

モナーコインの特徴

次にモナーコインが持つ特徴として、これから紹介する3つの特徴について紹介していきます。

・取引がスムーズに進む
・初心者にも向いている
・お金以外の物にも交換可能

それぞれ見ていきましょう。

取引がスムーズに進む

モナーコインの取引速度はわずか90秒で処理が完了します。これはつまり、ブロックチェーンのブロックを90秒で作成できるということになります。

一般的にビットコインの取引処理時間は10分ですので、ビットコインと比べると遥かに取引速度が速いと言えますね。

日本発の仮想通貨なので、初心者にも向いている

先ほども触れましたが、モナーコインは日本発祥の仮想通貨なので公式サイトや説明がすべて日本語でされています。

仮想通貨を始めたいけど英語は苦手…という方にもピッタリな仮想通貨ですね。

お金以外の物にも交換可能

モナーコインが持つ3つ目の特徴はお金以外の物と交換が可能なことです。

モナーコインは通貨としての換金や送金だけでなく、アマゾンギフトカードやiTunesカードといった物を購入することもできます。また2014年4月には、土地の売買がモナーコインでされたという事例もあります。

この事例はあくまでも例外中の例外ですが、今後もっと色々な物と交換できるようになってくる可能性があるので、持っておいて損はない仮想通貨だと言えますね。

Monacoinのこれからの相場を考察してみる

モナーコインの相場は?

6月現在、モナーコインの時価総額は約1700万ドル(約18億円)となっており、ランキングでは100位圏内にあります。2016年からの推移をみると価格は徐々に上がってきており、1モナーコイン=0.3ドルとなっています。

出典:Crypto Currency Market Capitalizations

 

モナーコインを他の物と交換できるという点や決済スピードが速い点を考慮すると、今度もまだまだ伸びてくると予測できますね。また2017年にモナーコインは、世界で初めて「Segregated Witness(SegWit)」を可決したと発表しました。

SegWitというのは、簡単にいうと「取引サイズを圧縮する」ことを言います。なぜ取引サイズを圧縮することになったのかというと、ビットコインをはじめとする仮想通貨ブームによって、ブロックチェーンの「ブロックサイズ」が小さすぎるという問題が起きました。

ブロックサイズが小さいまま取引を続けていると、今後取引の遅延や停止が心配され、仮想通貨の取引全体に影響を及ぼす可能性があるのです。その対策として、仮想通貨を初期に制作したエンジニアたちは取引サイズを圧縮する「SegWit」を考案したのです。

segwit

モナーコインはこのSegWitを世界で最初に採用した仮想通貨ですので、今後どんなに取引量が増えても取引の遅延や停止がないと言えますね。こういった要因を踏まえても、モナーコインは今後どんどん伸びてくる仮想通貨だと言えますね。

仮想通貨「モナーコイン」はどんな人と相性が良いの?

今回は日本発祥の仮想通貨「モナーコイン」の特徴や今後の予想について見てきました。ここまで紹介した内容を踏まえて、モナーコインがどんな人と相性が良い仮想通貨なのかを見ていきましょう。

英語に自信がない方

先ほども触れましたが、ビットコインやイーサリアムといった有名な仮想通貨は、ほとんど海外で誕生したものです。つまり公式サイトや説明はすべて英語で書かれています。

一方モナーコインは日本生まれの仮想通貨なので、英語に自信がない方にとっても始めやすい仮想通貨だと言えますね。

仮想通貨を始める初心者の方

モナーコインの相場は現在0.3ドル。チャートの推移から予測すると今後もどんどん上昇していくと判断できます。

この点から見ると、安く購入できるモナーコインはこれから仮想通貨を始める初心者の方にも向いていると言えますね。

Monacoinを扱っている取引所はこちら!

モナーコインの取り扱い先

最後にモナーコインの購入方法や取り扱っている取引所について見ていきましょう。モナーコインをはじめとする仮想通貨を購入する際には、まず取引所の口座を開設する必要があります。

ちなみに現在国内でモナーコインを扱っている取引所は、こちらの3つになります。

・Zaif
・CoinGecko
・もなとれ

中でもZaifという取引所は取り扱いコインの種類が豊富で、利用者も多いおすすめの取引所になります。Zaifの口座開設方法は非常に簡単で、これから紹介する4つのステップを踏むだけとなります。

1. Zaifの公式サイトで無料登録をクリック
2. メールアドレスを入力し、届いたURLでパスワードを設定
3. 本人確認登録をして電話番号登録
4. 本人確認書類をアップデート後に口座情報を登録し完了

本人確認書類と口座情報の登録に数時間~1日程度かかるかもしれませんが、手続き自体はすぐできます。取引所の口座が開設できればあとはモナーコインを購入するだけですね。

ちなみにモナーコインの購入は非常に簡単で、ログイン画面の真ん中にある「MONA/JPY」をクリックして購入する数量を指定すれば購入完了です。あとは今後を予測して長期的に保管しても良し。またはチャートを確認して売買しても良しです。

モナーコインに興味がある方や仮想通貨を始めてみたい初心者の方は是非モナーコインで始めてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信