ICOの一覧スケジュールを徹底網羅!日本国内外のサイトを紹介

金融庁がICOに関する注意喚起、相談窓口を設置

必見!ICO一覧サイトまとめとおすすめ案件を紹介!

最近よく聞く「ICO(イニシャルコインオファリング)」は、投資する上で大きな利益を得られるため投資家から大きな注目を浴びています。

そのため、ICOで資金調達を行う企業が増えてきており、大小合わせると一ヶ月で数百のICOが出てきていると言われるほど。

そんなICOが乱発されている中

「ICOの一覧がみられるサイトはないの?」

「ICOの特徴を一気に確認したい!」

という声をたくさん聞きます。乱発されている案件を一つ一つ自分の手でまとめるのは骨の折れる作業ですので、一覧にまとめられていたら助かりますよね。

そこで今回は、ICOを専門としている管理人が、ICOを一覧としているおすすめのサイトとおすすめのICO案件をご紹介します!有名なところから、実はわかりやすく一覧にしてくれているサイトまでを一括でまとめ、その中から厳選したICOのスケジュールをご紹介します。

では、早速ICOを一覧にまとめてくれているサイトを見ていきましょう。

日本国内外の案件を網羅しているサイトをご紹介!

では、4つのおすすめICO情報サイトを見ていきましょう!

過去のICO実績をくまなく見たいなら「ICO Stats」

まずは、ICOの実績を一覧化し、仮想通貨のICO時の価格から現在の価格まで一覧で見られるICO Statsです!

このICO Statsでは、ICO時からの価格の伸び率を載せてくれており、どのICOが成功したのかを一覧で見ることが可能。

また、これからICOされる予定の案件の概要やスケジュールも「Upcoming ICOs」という左側のメニューを選択するとみることができるため初心者の方にも上級者の方でも見るべきだと思います!

過去の実績からこれから投資したいICOを探したい方には、過去と未来両方のICOを一覧にしてくれているのでおすすめです!

怪しいICOは載らない「ICO Couwndown」

ICO Countdownは、日本人の方にもよく見られているサイトです。

このサイトは、ICO Statsとは違い、過去の実績を見ることはできませんが、今後のICOのスケジュールを確認するには最もおすすめのサイトです。

また、怪しい案件を運営者側の判断で排除してくれているので、ある程度ふるいに落とされたICOが載っていることも良い点です。

世界中の投資家が見る「Token Market」

Token Marketは日本人にはあまり馴染みがないですが、海外では非常に有名なサイト。

仮想通貨のICOのスケジュールを一覧にしてまとめてくれているだけではなく、各ICOの「フォロワー数」を一覧で確認することができます。

フォロワー数が多ければ、そのICOを支持している人が多いということで、ICOに投資する上で一つの指標にすることができます!

現在の市場での評価一覧を見たい方には、マッチしている一覧サイトです!

全てのICOを網羅したいなら「Coin Schedule」

Coin scheduleは、あまり有名ではないですが、ICOを一番網羅してくれているサイトです。最も多くのICOを一覧にして見たい!という方には非常にマッチする一覧サイトです。

ただ、厳選されているわけではなく、良いICOも悪いICOもすべて載っているので、ICOを見る際にはきちんと厳選する必要がありますね。

ここまで一覧にしてくれているサイトを紹介しましたが、どのサイトもたくさんの案件が掲載されていて、

「結局どのICOが一番おすすめなの?」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、国内最大規模の仮想通貨ニュースサイトの編集部の私が厳選したICOを一覧にしてご紹介していきたいと思います。

仮想通貨のICOはまだまだブラックボックスであることが多く、知識がないうちになんとなくで案件を選んで投資しても、損をしてしまうことが少なくありません。

最終的には自分でホワイトペーパーなどを見て判断していただかないといけませんが、今回の一覧を一つの参考にしていただければと思います。

仮想通貨ICO投資専門家おすすめの銘柄一覧とスケジュール

では、おすすめのICO一覧をご紹介していきたいと思います。

現在おすすめできる厳選のICOは一つですが、良い案件が入りましたら更新していきます。

ではおすすめのICOを見ていきましょう。

Shopin(ショッピン)

・一般セール開始日:2018年3月30日
・特徴:ECサイトのプラットフォーム
・注目度:高

「Shopin」は、ECサイト構築用のプラットフォームで、ブロックチェーンを使って顧客のデータを共有し、顧客に対してより良い商品・環境を提供するために作られました。

現在世界のECサイトは「Amazon」が大部分のシェアを獲得していますが、顧客のデータはAmazonしか把握していません。

つまりユーザーはAmazon内で買い物をする際に、何度も同じ商品を勧められたり、意図していない商品を勧められたりするのです。

さらにAmazonは提携している小売店から売り上げの10%を手数料として受け取っています。

それをShopinでは顧客データを共有することで、ユーザーにとってより良い買い物環境を提供することができ、さらに小売店側も大量の顧客データが共有されるので今のニーズやトレンドを把握しやすくなるのです。

手数料もほとんどかかりませんので、まさにユーザー・小売店にとってWin-winになるプラットフォームだと言えますね。

ただ、海外のICOは、情報が英語で書かれていて難しい・海外は怪しく感じる、と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、日本国内のICOについてもご紹介していきたいとも思います!

日本国内発の仮想通貨はあまり多くない?

日本国内発のICOについてですが、実はあまり多くないというのが現状です。

ICO(日本発)の一覧

・ADAcoin
・Monacoin
・QASH

というのもビットコインの取引高が世界一が日本なのですが、現在時価総額ランキング第10位までの仮想通貨のうち日本発のICOはカルダノエイダコインただ一つ。

時価総額ランキング第100位まで広げても、「Monacoin」「QASH」が加わるだけで、たったの3つしかありません。

最近行われているICOに関しても、Q&Aサイト「Okwave」を運営する株式会社オウケイウェイヴが行うWowoobit以外には、日本国内発のICOで有名なものがないのが実情です。

海外のICOはStatusやOmiseGo、Augerなどたくさん出ているにもかかわらず、日本はまだまだ発展途上です。

まとめと今後の仮想通貨投資をする上での注意点

今回は、ICOの一覧と、スケジュールを確認できるサイトやおすすめのICO案件をご紹介しました。

ICOの一覧が気になる方は、今の仮想通貨が盛り上がっている間に早く、ICOに投資をしたいと考えられていると思います。

ただ、現在ICOは戦国時代に突入しており、ただ投資すれば儲かるということではなく、きちんとした情報源から手に入れたICOに投資しなければ、儲かるどころか損するということになってしまう可能性があります。

というのも現在仮想通貨の価格は悪い言い方をすると、運営側の資金力と人脈がほとんどです。

例えば、大手の取引所bittrexやbinanceに上場すれば価格が間違いなく上昇しますが、取り扱いをするのも取引所側に高額の資金を払わなければいけないと言われています。

もちろん、その仮想通貨の将来性をがあった上で取扱いの可否は判断されますが、いくらそのビジネスモデルやシステムが優れていても上場できないのです。

そのためにはマーケティング活動が非常に重要で、裏でのマーケティング活動がきちんとできているか、将来的に大企業との提携があるかなどが重要となってきます。

つまり、表には出ていない情報ではICOの有用性は図れないのです。

それらを考慮した上で、一覧を見て自分が投資するICOを決める必要があります。

ネットのICO一覧からでも、きちんと吟味することができますので、時間がある場合はホワイトペーパーやSNSでのマーケティング活動がきちんとされているか確認してみてはいかがでしょうか?

ちなみに当サイトには、ICOの最新規制情報や投資に役立つ業界情報、そして著名人へのインタビューなどを配信している「CoinTimes」という無料コラムを配信しています。

毎日配信されるコラムの中には一定の審査項目で分析・精査した超優良案件がまぎれていることも…??

登録は無料なので、興味がある方は是非登録してみてくださいね。

毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

CoinTimesの登録はこちら
お名前  *
メールアドレス  *

CoinTimesの登録はこちら
お名前  *
メールアドレス  *

 
 
▼関連記事▼
優良ICO案件を見極めるために知っておきたいポイントとは?

ICOの格付けを専門家が解説!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信