ダッシュコイン(Dashcoin)の仕組みや特徴を大解説

ダッシュコインの仕組みや特徴

匿名性の高さが話題のDashcoinとは?

今回は今話題の仮想通貨「ダッシュコイン」についてまとめていきます。

2014年に発行を開始したダッシュコインは年を経るにつれて成長しており、時価総額は現在14億ドル(約1,500億円)にもなります。そんなダッシュコインは独自の取引システムによってセキュリティの高さや信頼性の高さを確立しており、非常に注目を浴びている仮想通貨の1つです。

今回はそんなダッシュコインの基本的な情報や他にはない特徴、そしてダッシュコインが購入できる取引所について紹介しています。将来性が高いダッシュコインに興味ある方や買ってみようと思っている方は必見です!

そもそもダッシュコイン(Dashcoin)とは?

そもそもダッシュコインとは、2014年にEvan Duffied氏によって誕生した仮想通貨です。

ダッシュコインは基本的にビットコインと同じ「ブロックチェーン」という技術と「P2P」という分散型管理システムを利用しています。そんなダッシュコインは決済システムに力を入れて作られており、金融機関などから高い注目を得ています。

ちなみにダッシュコインは発行枚数の上限が決められており、その上限は2,200万枚となっています。発行されればされるだけ、そのダッシュコインの希少性が増すので、価格がどんどん上昇していくことになりますね。

他の仮想通貨にはない2つの特徴

匿名性の高さと即時取引が特徴

ダッシュコインの特徴はなんといっても「匿名性の高さ」と「即時取引」になります。ダッシュコインの魅力をより良く知ってもらうためにも、この2つの特徴を詳しく掘り下げてみることにしましょう。

高い匿名性で個人情報流失リスクはほぼゼロ

ダッシュコインの大きな特徴として、高い匿名性を可能にした「Darksend(ダークセンド)」というトランザクション形式を採用しています。

このDarkSendというのは、coinjoin(コインジョイン)という「取引(トランザクション)プール」の考えを利用して作られた取引形態になっています。専門用語がいくつか出てきてよくわからない方もいるかと思うので、それぞれ解説していきます。

coinjoin(コインジョイン)とは?

coinjoinというのは、グレゴリー・マクスウェル氏がビットコイン用に開発した取引システムのことをいいます。このシステムは従来の送金方法とは異なり、同じタイミングで送金する利用者のコインを一度プールに送り、そのプールから個別に送金するというシステムです。

これによって送信元が不明瞭になり、高い匿名性で送金できるというわけです。

DarkSend(ダークセンド)とは?

ダッシュコイン特有の特徴であるDarkSendは、開設したcoinjoinに独自ルールを設定したものです。3人以上の送金利用者が必要なことや合計送金額が1,000ダッシュコインまでなど、細かくルールを決めたものがDarkSendになります。

これによって高い匿名性を維持しながら、複雑な条件でも利用できるようになりました。ちなみにダッシュコインは発行当初「Darkcoin(ダークコイン)」という名称で発行されていました。

これはこのDarkSendが由来となっており、匿名性が高い仮想通貨として定評があったと言います。ではなぜ、新たに「Dashcoin(ダッシュコイン)」という名前に改名されたのでしょうか?

それは次に紹介する「InstantSendX」という技術の特徴に由来していますので、見ていきましょう。

約4秒の承認速度で即時取引が可能

ダッシュコインは2015年に「InstantSendX(インスタントセンド)」という技術を導入させました。InstantSendXというのは、コンピューターの中から承認用のマスターノードをあらかじめ選出しており、そのマスターに承認作業を一任することで即時取引を可能にしています。

InstantSend

そもそも分散して互いに管理し合う仕組みの「P2P」のネットワークに繋がっているPCのことを「ノード」と言います。ブロックチェーンを基本的な仕組みとしているビットコインではそれぞれのノードが平等で、フラットなネットワークになっています。

ダッシュコインではそのノードの中から管理を任せる「マスターノード」を決め、マイニングや承認作業はすべてマスターノードが行う仕組みになっているのです。これによって承認速度は大幅に改善され、なんとたったの4秒で承認作業が完了するようになっています。

ちなみにこの決済速度の速さから「ダッシュ」という名前に改名されたとも言われています。仮想通貨全体の大きな課題でもあった承認速度を改善させたダッシュコインは店頭での決済などにも使えることから、今後大きな成長を遂げる可能性がありますね。

チャートの推移からみるダッシュコインの今後は?

ここまでダッシュコインの基本情報や他の仮想通貨にはない2つの特徴について見てきました。そこで次に、チャートや相場からダッシュコインが今後どうなっていくのかを見てみましょう。

出典:Crypto Currency Market Capitalizations

 

時価総額7位のダッシュコインは、現在1DASH=200ドル(約2万円)前後を推移しています。一時的に大きく下がることもありましたが、基本的には安定している仮想通貨だと言えます。

ダッシュコインは2017年1月ごろから上昇を始め、その後も右肩上がりで上昇を続けています。3月には1DASH=40ドル(約4,000円)だったのが、今では1DASH=200ドル(約2万円)にまで上昇しています。

この推移だけで見てみると7月の半ばには1DASH=250ドルや300ドルにまで上昇している可能性も十分にあります。

高い匿名性や取引速度が特徴のダッシュコインは、既に様々な分野から高い評価を得ています。このような点を踏まえても、ダッシュコインは将来性が見込める仮想通貨だと言えますね。

どんな人と相性が良い仮想通貨なの?

ダッシュコインの基本的な特徴や今後の予想について見てきましたが、次にダッシュコインと相性の良い人はどんな人なのかについて見ていこうと思います。

取引をスムーズに行いたい方

仮想通貨の代表であるビットコインは取引時間が遅いという最大の欠点を持っています。
その欠点を補ったものが、ダッシュコインです。

前述した通りビットコインは取引に最長10分かかりますが、ダッシュコインはわずか4秒で取引を終えることができます。取引をスムーズかつ素早く行いたいと言う方には、ダッシュコインがピッタリだと言えますね。

個人情報の流出が怖い方

ダッシュコインは、DarkSendという技術を使用しているので、情報流出はあり得ません。

先ほども紹介したようにDarkSendを利用しているダッシュコインは、一度取引プールにお金が集められます。そしてそこから送金者へ配られるので匿名性が圧倒的に高く、誰がどこに送ったのかという情報は一切入手できないようになっています。

今後人気が上がっていく仮想通貨をお探しの方

海外ではダッシュコインで支払いのできる自動販売機が登場しています。

さらに去年2016年の1月に、仮想通貨用ATMを提供している「Lamassu社」と業務契約を交わしました。これによって今後ダッシュコインが利用できる店舗やATMが増えてくると予想されています。

それに伴ってダッシュコインへの期待や注目度が上がり、価格の上昇に繋がってくると言えますので大きく成長する可能性がある仮想通貨をお探しの方にもおすすめですね。

ダッシュコインが購入できる取引所を大公開

ダッシュコインが購入できる取引所

では最後にダッシュコインが購入できる取引所や購入方法について見ていきましょう。

現在ダッシュコインを購入できる取引所は「coincheck(コインチェック)」のみになります。もちろん海外の取引所では取り扱いがありますが、すべて英語になってしまうのでcoincheckで購入することをおすすめします。

coincheckをはじめとした取引所の登録方法はこちら

今はcoin checkでしかダッシュコインの購入はできませんが、これからきっとダッシュコインを購入できる取引所は増えてくることでしょう。今後大きく成長する可能性があるダッシュコインはこれからコインを買おうとしている初心者の方にも向いている仮想通貨だと言えます。

これを機に仮想通貨をはじめてみようと考えている方は是非購入してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信