仮想通貨や取引所を徹底比較!どの暗号通貨を買えば儲かる?

仮想通貨や取引所を徹底比較!

未経験者でも安心!おすすめの通貨種類と取引所を知りたい

いま国内外で急速に普及されている仮想通貨。その数はなんと700種類以上もあると言われています!そのため・・・

「そもそもどの仮想通貨を買えばメリットがあるの?」

「それぞれの特徴はどう違うが比較したい」

というように、いざ始めようとしても着手できずに先延ばしにしてしまうというお声をたくさんいただきます。せっかく興味を持っているのに何もしないのは勿体ないですよね。

そこで今回は、中でも過熱期にある注目度の高い仮想通貨を比較して紹介していこうと思います。それぞれの特徴や価値を徹底的に比較してご自身に合ったものを選んでいきましょう!

最近話題の仮想通貨って何?

仮想通貨というのはその名の通り「仮想上の通貨」を意味し、インターネット上で取引や決済をすることが出来ます。

実際に目で見て触れることのできるドルや円といった法定通貨とは違って、実態がなく管理主体も存在しません。そんな仮想通貨はここ数年の間に需要が急激に高まり、新しい投資対象として多くの投資家たちから注目を集めています。

とはいえ国内ではまだ馴染みがなく、具体的に仮想通貨がどんなメリットや特徴があるのか、どんなデメリットやリスクがあるのかわからない方も多いのではないでしょうか?そこでここでは、仮想通貨の特徴やメリット・デメリットについて見ていこうと思います!

まずは仮想通貨が持つメリットについて見ていきましょう!

仮想通貨の2つのメリット

ビットコインをはじめとする仮想通貨には「中央管理者がいない」「コストが抑えられる」の2つのメリットがありますので、それぞれ見ていきましょう。

政府や中央銀行などの中央管理者が存在しない

仮想通貨は日ごろ使う通貨のように特定の中央機関がなく、通貨の発行もコンピューターが自動で行っています。

そのため、たとえば中央銀行が突然破たんし預金封鎖に陥ることがあっても、仮想通貨であれば資産を失うといったリスクがありません。

また、世界共通の「通貨」ですので、その国のインフレに左右される心配もありません。実際に国家的な財政危機にあったベネズエラでは、一部の層が所有しているビットコインを現金に換えることで生存危機を逃れたという報告があります。

海外取引を飛躍的に少ないコストで実現することができる

国から管理されていない仮想通貨は、インターネット上でやり取りが出来るので海外送金や取引にかかるコストを大幅に減らすことが出来ます。

また、海外送金をする際に必要な仲介コルレス銀行が不要なので、瞬時で低コストな送金を可能にしています。このように仮想通貨は中央管理者がおらず、ボーダレスでコストを抑えて取引ができるので今後さらに普及されていくと予想されています。

実用的に使える通貨として仮想通貨を購入してみるのも良いのではないでしょうか?

続いてデメリットについても見ていきましょう。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨の大きなデメリットは「ボラティリティがあり、リスクが大きい」ことです。

「価値の変動性」を意味するボラティリティは、大きければ大きいほどハイリターン・ハイリスクになります。特に仮想通貨はまだマーケットが不安定なので、数週間で何万円も変動することもしばしばします。

例えば7月頭に30万円近くを推移していたビットコインが7月の後半には22万円代にまで下落していました。このようにたった数週間でも大きな変動がある仮想通貨は、多少リスクがあるとも言えます。

さて、ここまで仮想通貨が持つメリットやデメリットについて見てきました。それではいよいよ、どの仮想通貨にどういった特徴があるのか比較を見ていきましょう!

独自ランキングで比較!今が旬な暗号通貨

仮想通貨独自ランキング

仮想通貨購入にあたりどのコインがおすすめか、筆者の個人的な意見を踏まえてその特徴を紹介します!(時価総額は2017年8月3日現在)

仮想通貨の王様Bitcin(ビットコイン)

通貨単位 BTC
時価総額 5兆152億円
決済速度 10分
発行枚数上限 2,100万枚

おすすめ仮想通貨としてまず紹介するのは、ビットコイン(Bitcoin)になります。

世界で最初の仮想通貨として最も人気があるビットコインは他の仮想通貨の中でも最も取引量が多く、最も実用化されているという特徴があります。ビックカメラなどの大手企業でも実際に商品購入時の決済手段として採用されているほか、今年に入り国内での利用可能店舗は急増していくとも言われていますね。

他にもビットコインを扱っている取引所が多く、一番初心者の方が始めやすい仮想通貨だと言えますね。

そんなビットコインは2009年に発行が始まり、1BTC=0.07ドル(約77円)でした。その後ビットコインが世界に認知されるとみるみる内に価格が上昇し、2017年8月現在1BTC=3,200ドル(約35万円)にまで上昇しています。

ビットコインは近いうちに1BTC=55万円代にまで上昇するとも言われているので、これから仮想通貨を購入する方はとりあえずビットコインを買ってみてはいかがでしょうか?

ビットコインが購入できるおすすめ取引所はここ!

画期的なシステムを提供するEthereum(イーサリアム)

通貨単位 ETH
時価総額 2兆2,921億円
決済速度 15秒~30秒
発行枚数上限 未定(初期発行:7,200万枚)

次に紹介するのは時価総額第2位のイーサリアム(Etheruem)になります。

イーサリアムは第2世代の仮想通貨とも言われており、「基本的な通貨としての価値+付加価値」を持つ仮想通貨として注目を集めています。それがイーサリアム独自の「スマートコントラクト」というシステムです。

スマートコントラクトというのは「契約条件」や「契約内容」を自動でブロックチェーン上に記録するもので、これによって大事な契約内容を半永久的に保存することが可能になりました。

実はスマートコントラクトは「自動販売機」に導入されており、例えば150円でジュースを買う場合は「150円を入れたら(契約条件)」「任意のジュースがでてくる(約束事)」という契約内容が行われているのです。

スマートコントラクトを利用することによって煩わしかった仲介業者や手数料を必要としないので、契約を最少コストで実現できる画期的なシステムだと言えますね。

こうした革新技術によってイーサリアムの価格は、公開から8カ月でなんと70倍まで高騰しました。また先月19日には取引量がビットコインの3倍を記録し、短期間で過去最高水準にまで達しました。

投資商品としては大変魅力的な仮想通貨ですね!

ビットコインの暴騰暴落が繰り返される中で、資産を分散して投資したいという方にもおすすめではないでしょうか?

世界の金融機関から支持されるRipple(リップル)

通貨単位 XRP
時価総額 7,332億円
決済速度 5秒
発行枚数上限 1,000億枚

3つ目に紹介するのアメリカの「Ripple.Inc」が管理するリップル(Ripple)です。

リップルはもともと銀行間の送金をスムーズにする目的で作られた送金システムの名称をいい、厳密には仮想通貨ではありません。送金システム内で利用される仮想通貨「XRP」が今ではリップルと呼ばれるようになったのです。

そんなリップルの特徴は、「IOU取引」という独自の決済システムを使い、国境を越えてさまざまな通貨をオンライン上でより早くより安く送金できる点です。

IOUというのは「I Owe You(私はあなたに借りがある)」の略で、「借用証明書」と訳されます。

リップルネットワーク上ではこの「IOU」さえあれば、国内・海外間での決済が簡単にできます。またその際、これまでのように銀行による手続きや両替を必要としないので、ごくわずかな手数料でこれを実現できます。

例えばリップルネットワーク内でIOUを100円で購入したとします。すると同じネットワーク内ならば、同じ100円の価値を持つ鉛筆やコーヒーをIOUで購入することができるのです。

このように同じ価値を持つものならばIOUで取引ができるので、通貨だけではなく世界中のあらゆる物と交換することができるのです!

リップルはこれまで激しい価格変動を繰り返しており、一時は急激に価格が下落しました。
しかし昨年4月には3.5円だったリップルがわずか10日間で15円に、そして6月には42円にと短期間で急激に上昇しているのです!

リップルは今後、金融業界からますます注目が集まる可能性があり、価格高騰に期待を持てる仮想通貨となっています。

そんなリップルの購入方法やおすすめの取引所はこちら

ビットコインを基に作られたLitecoin(ライトコイン)

通貨単位 LTC
時価総額 2,451億円
決済速度 2分30秒
発行枚数上限 8,400万枚

次に紹介するのはライトコイン(Litecoin)です。

2011年に発行が開始されたライトコインは「第2のビットコイン」として誕生し、ビットコインの欠点を改善した仮想通貨として注目を浴びています。

そんなビットコインの欠点というのは承認速度(決済時間)発行枚数です。

ビットコインが決済までの承認時間に10分前後かかるのに対してライトコインはなんとその4倍速の2分30秒で決済することができ、発行枚数も8,400万枚となっております。

つまりライトコインは決済の時間も早く、流入性もあるのでより実用的な仮想通貨だと言えますね。実際に既にライトコイン専用のネットショッピングサイトもあるので、今後ビットコインとともに普及してくる可能性もあると言えるでしょう!

利用者を独自システムで優遇するNEM(ネム)

通貨単位 XEM
時価総額 2295億円
決済速度 1分
発行枚数上限 89億9,999万9,999枚

最後に紹介するおすすめ仮想通貨は最近急激に成長しているNEM(ネム)です。

NEMは2015年3月に運用をスタートした仮想通貨で、日本人がその開発に深く関わったということで有名になりました。比較的新しく開発された分、他の仮想通貨の欠点を補える優れた機能を持っていると言われています。特に低コストで管理できる「mijin」というシステムとセキュリティの保護に力をいれています。

 

そんなNEMの特徴は他の仮想通貨と異なる仕組みを持っている点で、この仕組みを「POI(プルーフ・オブ・インポータンス)」と言います。

POIというのはNEMのネットワークを良く利用し、NEMのブロックチェーン管理に貢献している人に報酬としてNEMが配られるシステムです。

もともと取引時にかかる手数料を報酬として再度配布するので、このPOIは「富の再分配」とも言われています。こうした斬新なシステムに注目が集まり、0.02ドル(約0.4円)だったNEMが今では0.2ドル(約22円)にまで上昇しています。

2015年に発行したばかりのNEMは今後大きく成長してくると予測されています。これから成長してくる仮想通貨をお探しの方は是非NEMを購入してみてはいかがでしょうか?

ここまでビットコインをはじめとする5つの仮想通貨を比較してきました。それぞれ異なる特徴や魅力があるので、自分に合った仮想通貨で始めてみることをおすすめします。

では次に実際に仮想通貨を購入する取引所について見ていこうと思います!

今から始める仮想通貨、おすすめ取引所を徹底比較!

おすすめ取引所の紹介

仮想通貨の投資を始めてみたい!と思ったらまずは「取引所」の口座を開設して購入するのが一般的となっています。そもそも取引所というのは買い手を売り手をマッチングさせる仲介サービスのことをいい、日本国内だけでも多くの取引所があります。

そこでここでは、国内取引所の中でも特におすすめの取引所をランキング形式で紹介していこうと思います!それぞれの取引所に「取扱い仮想通貨の豊富さ」や「セキュリティ対策」、「独自サービス」など様々な特徴がありますので、ご自身に合った取引所を見つけるうえで参考にしてくださいね!

第1位 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

数ある取引所の中でも1番人気なのは、国内利用者数No.1、セキュリティ体制世界No.1の「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

bitFlyerは国内で最大の資本力を持っており、「みずほフィナンシャルグループ」や「三井住友銀行」、第一生命保険など、国内の名だたる大手企業が出資した会社でもあります。

取扱い通貨も手堅く拡大しており、今ではビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・イーサリアムクラシック・ライトコイン・モナーコイン・LISKの7種類を取り扱っています。

初心者にも本格トレーダーにもおすすめ

bitFlyerは比較的わかりやすい取引画面に定評があったり、どこでも簡単に取引可能なスマホアプリを提供していたりと初心者に優しい取引所となっています。

実際bitFlyerは新規ユーザーの獲得に積極的で、ビットコインを使ったネットショップの利用や新規利用者に向けたコインのプレゼントキャンペーンなど初心者にも嬉しいサービスを展開しています。

一方で手持ちの資金を担保にして数倍の金額で取引できるレバレッジを利用したFX取引も提供するなど、ある程度仮想通貨に精通したトレーダーにもおすすめの取引所になっています。

初となる仮想通貨の盗難保険を開発

もうひとつ、bitFlyerで注目すべきはそのセキュリティ対策です。

ビットフライヤーは出金時の2段階認証に加えて、昨年11月には国内最大級の保険会社である「三井住友海上」と提携して初となる「仮想通貨の盗難保険」を開発しました!

これは取引所がもしもハッキングなどで仮想通貨の盗難にあっても、その損害を補ってもらえる保険です。不正操作によりビットコインが消失したマウントゴックス事件が記憶に新しいなか、取引所がこういった保険に加入していればユーザーはいっそう安心ができますね!

総じて見るとビットフライヤーはまずは仮想通貨の入り口としてビットコイン、イーサリアムなどのメジャーな仮想通貨の取引をはじめたい方、ネットワーク上で個人情報の取り扱いや取引に不安があるという方におすすめできるかと思います!

>>世界からも高く評価されているbitFlyerの詳細や評判はこちら

第2位 GMOコイン

GMOコイン

おすすめ取引所の第2位は、大手インターネットグループ「GMOインターネット」の仮想通貨事業である「GMOコイン」です。

GMOコインは2016年に設立された新興取引所。しかしすでに多くのユーザーが登録している大手取引所になっています。

というのも、GMOコインはGMOインターネットグループの傘下なので、膨大な資金量と確かな信頼性で多くの利用者を獲得しているのです。

現在GMOコインではビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・リップル・ライトコインの5種類を扱っており、国内ではあまりないリップルを取り扱っている取引所です。

GMOインターネットグループだから信頼できる

GMOコインの特徴は、なんといってもGMOグループの傘下だということ。

親会社にあたるGMOインターネット株式会社は資本金50億円を超える大企業。

さらにGMOコインも準備金を含め17億円以上の資本金があるので、先日のコインチェック事件のようなことが起こってもまだ安心だと言えますね。

充実のトレードツール

GMOグループは、仮想通貨事業に参入する前からFX事業に参入していました。

FX業者として人気のある「FX Prime(プライム)」はGMOインターネットグループの傘下で、多くのユーザーが登録しています。

そんなFX Primeの最大の魅力は使いやすいFXツール。初心者~上級者まですべてのニーズに応えたFXツールは非常に評判が良いといいます。

GMOコインではそのツールのノウハウを活かし、ビットコインFXでも非常に使いやすいと評判があります。

こういった点を踏まえると、GMOコインは安全性が高く、使いやすいトレード画面なので初めての方にも向いている取引所だと言えますね。

>>GMOコインの詳細や登録方法はこちら

第3位 Zaif(ザイフ)

第3位は2015年3月に発足した「Zaif」という取引所です。

Zaifは国内でも比較的多い種類の仮想通貨を扱っており、ビットコインやNEM以外にも、カウンターパーティー、モナーコイン、ビットクリスタルズ、ストレージコインXの6種類となっています。

中でもモナーコインは日本発祥の仮想通貨として発展が期待されており、Zaifはこのモナコインを国内で取扱っている唯一の取引所としても有名になりました。

手数料がマイナス?!

ザイフの象徴的な特徴としては仮想通貨の売買取引手数料がマイナスという点です。

どの取引所で売買をする場合でも、ほとんどは無料または多少の手数料がかかるのですが、ザイフの場合はこれが-0.01~0.1%に設定されています。つまり取引するほどボーナスとしてお金が返ってくる仕組みになっているのです(受取り上限は1取引200円迄)。業界では驚きのサービスですね!

ちなみにネムの手数料に関しては他大手取引所(コインチェック)の手数料が1.5%~2%を推移しているのに対し、ザイフは0.01%とかなり割安だと言えますね。

初心者でも簡単!独自の「積立サービス」

ザイフでは仮想通貨初心者にも優しい「積立サービス」というものを独自提供しています。

「積立サービス」とは月額で仮想通貨を定期購入していくシステムで、支払いは毎月銀行口座からの自動引き落としになります。これなら決められた額で安定的にコインを買うことができるので、わざわざ購入のタイミングを計ったり取引管理をしたりすることに時間を割かなくても良いですね。

以上の点を踏まえるとザイフは、取引手数料をなるべく抑え低リスクでの投資を始めたい方、そして難しいプロセスや手間を省いて長期的に投資をしたいという方におすすめではないでしょうか?

>>Zaifの基本情報や魅力はこちら

いかがでしたでしょうか?

ここまで仮想通貨の比較や取引所ランキングについて紹介してきましたが、購入したい仮想通貨やサービスによって自分に合った取引所で始めてみましょう!

普及進む仮想通貨、今後の展望は?!

仮想通貨に関しては多くの専門家が展望について見解を語っているものの、総じて今後さらなる普及と、それにともなう価格高騰が期待されるという意見が大半です。

実際この数年間で仮想通貨を取り巻く環境は劇的に変わっています!

2009年に無価値同様で流通しはじめたビットコインは、わずか7年で1BTC=30万円前後で取引されるようになりました。
昨年5月には、日本で改正資金決済法が可決され、仮想通貨が法的な決済手段として認められることとなりました。そして今年7月からは、仮想通貨が非課税となる法律が施行されています。

世界的にみれば保守的な印象のある日本ですが、円での仮想通貨取引量は、実はアメリカのドル、中国の元に次ぐ第3位なのです!
さらに今年2月9日からは約10日間、日本の「円」がビットコイン取引の50%占め、国別取引量1位となり日本人投資家たちをにわかに沸かせるという現象起こりました。

いくつかの仮想通貨は今年に入り短期的な暴騰を繰り返しており、この動向は2018年以降も続いていくと言われています。「仮想通貨元年」と言われる今年、個人的には投資を始めるなら今がチャンスではないでしょうか?

当サイトには、仮想通貨の始め方についてまとめた記事もありますので、興味がある方はこちらもチェックしてみて下さいね。

必見!仮想通貨の始め方についてまとめた記事はこちら







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信