ビットコインが買えるおすすめ取引所を徹底比較!

bitcoinが帰るおすすめ取引所徹底比較

仮想通貨が購入できるおすすめ取引所とは?

今回は今話題のビットコインが購入できるおすすめの取引所について見ていこうと思います。

「ビットコインってどこで買えるの?」

「取引所っていっぱいあるけどどれがいいのかわからない」

ビットコインを購入したい、もしくはビットコインを扱っているおすすめ取引所が知りたい方は、このようなお悩みをお持ちだと思います。2017年に入って急激に取引量が増えたビットコインは今後もまだまだ価格が上昇していくと言われており、既に「ビットコイン長者」という言葉が出来るほどビットコインで儲けた方が多数います。

そこで今回は、そんなビットコインが購入できるおすすめ取引所を徹底比較していこうと思います!当記事ではまず取引所って何?という基本情報から紹介していますが、「とりあえず比較が見たい!」という方はこちらから比較箇所へ飛べますので、ご利用ください!

人気の取引所の比較はこちら

そもそも取引所って?仕組みや販売所との違いを解説

ビットコインを扱っている取引所を比較する前に、そもそも取引所って何?という基本的なことについて紹介していこうと思います。

取引所って?

取引所というのは、ビットコインを売りたい人と買いたい人をマッチングさせる仲介サービスになります。

ブロックチェーン上で管理されているビットコインは基本的に管理人がいませんので、実際わざわざ仲介サービスをしなくても売り手と買い手で直接取引が出来ます。しかしいちいち取引相手をネット上で探すのは難しい、ということで手数料をとって市場を作り、取引をマッチングさせているのが取引所です。

またビットコインの取引所は24時間365日いつでも取引でき、取引所によってはスマホ版のアプリからでも取引することが出来ます。

スマホからでも24時間取引できるビットコインの取引所は、普段忙しい方でも比較的取り組みやすいと言えますね。さて、ここまで取引所について簡単に解説してきました。次に、国内にある人気の取引所を特徴ごとに表で比較してみようと思います。

手数料や特徴で比較!ビットコインが購入できるおすすめ取引所一覧

手数料や特徴で取引所を比較

ビットコインを購入できる取引所は現在国内で20近くあり、取り扱い通貨数や手数料、セキュリティなどそれぞれ異なった特徴があります。

そこでここでは、わかりやすくいくつかの特徴ごとに各取引所を比較していこうと思います!

取り扱い通貨で比較

まず初めに、各取引所で扱っている仮想通貨で比較していきます。

最も人気があるビットコインはほとんど全ての取引所で扱われていますが、それ以外のコイン(アルトコイン)は取引所によって異なります。

そこでまずは取り扱い通貨で比較してみましょう。

取引所仮想通貨数仮想通貨の種類
BitFlyer4種類・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
coincheck12種類・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・Monero(XMR)
・オーガー(REP)
・リップル(XRP)
・Zcash(ZEC)
・NEM(XEM)
・DASH(DASH)
Zaif3種類・ビットコイン(BTC)
・NEM(XEM)
・モナーコイン(MONA)
BITPOINT2種類・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
みんなのビットコイン2種類・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
bitbank5種類・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・モナーコイン(MONA)
BTCBOX3種類・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・ドージコイン(DOGE)

このように取り扱い仮想通貨で見ますと、ビットコインも含めて12種類も扱っているcoincheckは圧倒的ですね。

少し前までbitFlyerもビットコインとイーサリアムの2種類のみでしたが、仮想通貨市場の普及を踏まえてライトコインとイーサリアムクラシックの扱いを始めています。

他にもBTCBOXでは国内では唯一のドージコインを扱っています。このような珍しい仮想通貨に興味がある方は、BTCBOXのような取引所がいいかもしれませんね。

手数料で比較

次に、気になる方も多い各取引所の「手数料」で比較していこうと思います。

取引所ビットコイン売買手数料クイック入金手数料日本円の出金手数料
BitFlyer0.01%~0.15%324円(税込み)215円~
coincheck無料756円(税込み)400円
Zaif-0.01%486円(税込み)350円~
BITPOINT無料利用者の負担利用者の負担
みんなのビットコイン無料利用者の負担500円
bitbank0.05%~無料540円~
BTCBOX0.2%利用者の負担最低400円

取引所にかかる様々な手数料をわかりやすく表で比較してみましたが、BITPOINTやみんなのビットコインは売買手数料やビットコイン送金手数料も無料となっています。

基本的に日本円の入金・出金には手数料がかかりますが、売買手数料は無料な取引所が多いですね。

セキュリティで比較

次にビットコインを扱う上で気になるセキュリティを比較してみましょう。

取引所SSL通信二段階認証マルチ・シグネチャコールドウォレット
BitFlyer
coincheck
Zaif
BITPOINT
みんなのビットコイン
bitbank
BTCBOX

セキュリティに関して言えばどの取引所でも大した違いは見られませんが、マルチ・シグネチャという項目においていくつか違いがありますんね。

そもそも「マルチ・シグネチャ」というのは、ビットコインの送付アドレスに複数の暗号鍵を必要とするシステムのことを言います。簡単に言いますと、マルチ・シグネチャを利用している取引所でのビットコイン送付には複数の暗号鍵を必要とすることになります。

これによって、仮に1つの暗号鍵が漏洩すると送金されなくなるので、ビットコインの誤送信や不正に関するセキュリティが非常に強くなることを意味します。

安全性を求める方はマルチ・シグネチャにも対応しているbitFlyerやcoincheckといった人気取引所を選ぶことをおすすめします。

会社の安全性で比較

次に取引所を運営している企業の安全性で比較していこうかと思います。

運営企業の安全性というのは原則的に「保有資本金額」と「出資元」、「日本ブロックチェーン協会の立場」などを基準に判断していきます。資本金や出資元を表記している取引所とそうでない取引所がありますが、今回はこちらの3つの基準で比較していきましょう。

取引所資本金出資元立場
BitFlyer41億238万円・SMBCベンチャーキャピタル
・みずほ銀行
・第一生命
・GMOほか
日本ブロックチェーン協会理事
coincheck9,200万円・インキュベイトファンド
・株式会社セレス
日本ブロックチェーン協会監事
Zaif8億3,013万円不明ブロックチェーン推進協会副代表理事
BITPOINT1億7,000万円株式会社リミックスポイント
みんなのビットコイン1,500万円不明
bitbank3億8,100万円株式会社セレス
BTCBOX1億6,000万円不明

このようになっています。

資本金の多さで見ればbitFlyerが断トツで多くなっており、次いでZaifとなっています。

特にbitFlyerは出資元も公式サイトで公開しており、出資元も国内メガバンクや大手企業ばかりですので取引所の安全面は非常に高いと言えますね。

取引所が破綻してしまうと預けていたビットコインは戻ってきませんので、こうした安全性からも取引所を選んでみるのも良いと思います。

取引方法、レバレッジで比較

最後に各取引所ごとで対応している取引方法やレバレッジで比較していきます。

取引所には「先物取引」「信用取引」という2つの取引方法があります。

先物取引というのは簡単に言いますと、「将来売買することを現時点で約束する取引方法」になります。つまり現時点ではビットコインの売買数量や価格、取引日だけを指定し、その取引日が来たら売買を行うというものです。

一方の信用取引というのは、利用する取引所に決まった額を預け、それを担保に保有金額以上の売買ができる取引方法です。少ない資金で大きな額の資金で売買できるシステムをレバレッジといい、取引所によって利用できるレバレッジ倍率が異なります。

例えば10万円の保有資金にレバレッジ10倍を利用すれば、10万円×10倍=100万円分の売買ができるということになります。

対応している取引方法もレバレッジも各取引所で異なるので、こちらも比較してみましょう。

取引所先物レバレッジ信用レバレッジ
BitFlyer最大15倍最大15倍
coincheck最大5倍
Zaif最大25倍最大7.77倍
BITPOINT最大25倍
みんなのビットコイン最大25倍
bitbank最大20倍最大20倍
BTCBOX最大5倍

このようにそれぞれの取引所によって対応している取引方法や最大レバレッジが異なります。

レバレッジを利用する信用取引に対応している取引所は多く、Zaifやみんなのビットコインなどでは最大で25倍のレバレッジが利用できます。高いレバレッジを使って一攫千金を狙いたい方は、Zaifやみんなのビットコインがおすすめだと言えますね。

ここまで取り扱い通貨、手数料、セキュリティなどに関して比較してきました。取引所によって様々な特徴や違いがありますので、実際どの取引所が自分に合っているのかわからない方もいるかと思います。

そこで次に、ビットコインが購入できる管理人イチオシの取引所をランキング形式で紹介していこうと思います!

2017年の最新ランキング!ビットコインを買うならここがおすすめ!

2017取引所ランキング

数ある取引所の中で、ビットコインが買える筆者イチオシの取引所は「coincheck」、「bitFlyer」、「Zaif」の3つになります。

そこで今回はそれぞれの取引所の特徴や評判を順番に見ていきましょう!

多くの仮想通貨を扱っている「coincheck」

筆者おすすめの取引所として最初に紹介するのが、「coincheck」になります。

Coincheckは2014年に設立された取引所で、日本で最初の「信用取引」の導入や「coincheck payment」というビットコイン決済の導入した取引所です。

そんなcoincheckの最大の魅力は、なんといっても取り扱っている仮想通貨の数でしょう。先ほどの比較でも触れましたが、現在coincheckではビットコインを含めた12種類の仮想通貨を扱っています。

時価総額が大きいビットコインやイーサリアム、リップルはもちろん、Zcashやオーガー、Moneroといった他の取引所では扱っていない通貨の売買もすることが出来ます。ビットコイン以外の仮想通貨も売買したい方にはピッタリな取引所なのではないでしょうか?

coincheckが持つもう1つの魅力は、インターフェースが抜群に見やすい点です。特にcoincheckが配信しているアプリ版は非常に見やすいと評判があり、他の取引所アプリと比べても見やすいさ・使いやすさは優れていると言えます。

coincheckの見やすさや使いやすさについてはtwitter上でもこのような評判が多いようです。

ちなみにセキュリティに関しましても二段階認証を活用しており、通貨の管理もオフラインのコールドウォレットで行っています。取引所選びに悩んでいる方はcoincheckで登録してみてはいかがでしょうか?

ビットコイン取引量と利用者数がNo.1の「bitFlyer」

次におすすめなのは、ビットコイン取引量、利用者数が国内No.1の「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

bitFlyerは女優の鳴海凛子さんを起用したテレビCMなどによって一躍有名になった取引所で、先ほどの比較でも踏まれましたように様々な大手企業、メガバンクから出資を受けています。

そんなBitFlyerの魅力は、会社の安全性が非常に高いということです。

先ほどの比較でも触れましたようにbitFlyerは資本金が41億238万円となっており、他の取引所と比べても資本金の多さは断トツですね。

資本金の多さに加えてbitFlyerのCEO加納裕三氏は「日本ブロックチェーン協会」で代表理事という立場でもあります。仮想通貨ビジネスやブロックチェーン技術を日本に広めていくことを目的としている日本ブロックチェーン協会は、多くの海外メガバンク、取引所が参加しています。

こうした資本金の多さやbitFlyerの立場からみても、他の取引所と比べて非常に安全性が高いと言えますね。ちなみにそんなbitFlyerは「使いやすい」という評判が多く見受けられました。

取引所の安全性重視の方や使いやすさを求めている方はbitFlyerがピッタリですね。

ユニークな企画が多い「Zaif」

最後のおすすめ取引所は「Zaif(ザイフ)」になります。

2015年にスタートしたZaifは、日本で最初に「日本円と仮想通貨のトレード」と「仮想通貨同士のトレード」を取り扱った取引所として非常に注目を浴びています。

そんなZaifが持つ魅力は、他の取引所にはないキャンペーン企画を行っていることです。

例えば現在でしたら「出来高ランキングキャンペーン!」という企画を行っています。こちらはキャンペーン期間中に出来高を集計し、その結果に応じてビットコインが貰えるキャンペーンです。

ちなみにランキング1位の方には50,000円相当のビットコインが報酬として配布され、上位8位まで報酬が用意されています。

このような他の取引所にはないユニークな企画を利用してビットコインが貰えれば、非常にお得ですね!ちなみにZaifに関しても「使いやすい」という評判をよく見かけました。

ここで紹介した3つの取引所は比較的評判が良いので、特徴やセキュリティといったいくつかの項目を確認して、自分に合った取引所を選ぶのが良いですね。

さて、ここまでビットコインを購入できるおすすめ国内取引所について見てきましたが、実はいくつかの海外取引所は、国内で非常に人気があります。そこで次に、国内で人気があるおすすめ海外取引所についても見ていこうと思います!

番外編!海外だったらここ!

海外のおすすめ取引所

ここでは、番外編として国内でも非常に人気がある海外取引所として「Poloniex(ポロ二エックス)」「Kraken(クラーケン)」の2つの取引所について見ていこうと思います。

100種類以上を扱う大手取引所「Poloniex」

Poloniexは2014年1月に設立された世界最大規模の取引所です。Poloniexの最大の特徴は、なんと64種類もの仮想通貨を扱っていることで、国内では購入できない珍しい通貨も売買することが出来ます。

しかし日本円の入金は対応しておらず、一度ビットコインで入金する必要があります。しかしビットコインの入金手続きや登録方法は非常に簡単ですので、初めての方でも簡単にビットコインの売買を始められるのではないでしょうか?

老舗ビットコイン取引所の「Kraken」

もう1つのおすすめ海外取引所は「Kraken(クラーケン)」になります。Krakenは国内で最も利用者が多い海外取引所となっており、日本語対応もしているので馴染みやすいかと思います。

そんなKrakenでは国内でも扱っていない「ドージコイン(DOGECOIN)」や「ステラ(Stella)」といった珍しい通貨を扱っています。

またKrakenはスマホ対応のアプリも配信していますので、いつでもどこでも売買することができますね。ビットコイン以外の珍しい通貨で売買してみたい方やアプリを利用してスムーズに売買を行いたい方にはピッタリですね。

開設方法と仮想通貨の購入方法

今回はビットコインを購入できる取引所を比較してきました。取り扱い仮想通貨や手数料、セキュリティといった様々な特徴を一覧で比較し、筆者のおすすめ取引所についても紹介しました。

「じゃあどうやって取引所に登録するの?」

「具体的なビットコインの購入方法は?」

ここまでの内容を踏まえると、取引所の登録方法やビットコインの購入方法について知りたい方もいるのではないでしょうか?

そこでここでは筆者おすすめ取引所として「coincheck」を例に、coincheckの登録方法やビットコインの購入方法を見ていこうと思います!

coincheckの登録方法

coincheckの登録は非常に簡単で、これから紹介する3つの手順を踏むだけですので一緒に見ていきましょう。

1. Coincheckのホームページでメールアドレスを入力し、「アカウント作成」をクリック

2. その後届くメールのURLをクリックして仮登録を完了させ、電話番号認証を行う

3. 本人登録と確認書類(写真付き身分証明書と自分が写っている写真)をアップロード

ちなみにcoincheckをはじめとした国内取引所では、最終認証手段として「郵便ハガキ」を送付することによって登録された住所が有効なのかを判断しています。ですので、ここまでくればあとはcoincheckからの郵便はがきを待つのみです。

では次にビットコインの購入方法についても見ていきましょう!

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法も非常に簡単で、

1. coincheckのマイページから「コインを買う」をクリック

2. コイン一覧から「ビットコイン」を選び、購入する数量(BTC)を指定して「購入する」をクリック

ビットコインの購入手順は以上になります。今回はcoincheckを例に登録方法、購入方法を見てきましたが、基本的にどの取引所も登録自体はすぐ終わります。そしてビットコインの購入手順もほとんど同じです。

今回紹介してきた取引所の特徴を踏まえて、自分に合った取引所で登録してみることをおすすめします。そしてまずは一番流入数も多いビットコインを買ってみましょう!


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事