ビットコインATMって日本のどこにある?使い方や手数料を解説

BitcoinのATMはどこにある?使用方法とは?

必見!ビットコインATMの使い方や設置場所とは?

2017年に世界中で普及が進んでいるビットコイン。世界だけでなく、今や日本国内でもビットコイン決済導入店舗が増えてきていますね。

それと同時に増えてきたのが今回紹介していくビットコインATMです。ビットコインATMはその場でビットコインの購入や両替が行える物です。

「ビットコインATMってどうやって使うの?」

「どこにATMが設置されているの?」

ビットコインATMを使ってみたい、もしくはATMでビットコインを購入しようと考えている方はこのようなことを思うのではないでしょうか?
そこで今回は、ビットコインATMの設置場所や使い方、そして手数料について見ていこうと思います!

ビットコインを換金する際にかかる税金にも触れていますので、是非チェックしてみて下さいね。

ではまずビットコインの購入について見ていきましょう!

そもそもビットコインはどこで購入するの?

ビットコインは「取引所」「ビットコインATM」で購入することができます。取引所でもビットコインATMでも24時間いつでもビットコインを購入することができますが、現在一般的なのは取引所での購入でしょう。

そんな取引所でのビットコイン購入方法は、取引所が保有しているビットコインを直接売買することができる「販売所」と、売り手と買い手がマッチングした時に売買できる「取引所」の2種類の方法があります。

取引所が保有しているビットコインを購入する「販売所」は、自分が買いたいときにすぐ購入できるというメリットがありますが、手数料がやや高いというデメリットもあります。

反対に「取引所」は、手数料が安いというメリットがありますが、自分が買いたくても売り手がいなければ売買が成立しないというデメリットがあります。

どちらも良し悪しがあるので、自分に合った方でビットコインを購入すると良いでしょう。

当サイトにはビットコインが購入できるおすすめ取引所についてまとめた記事もありますので気になる方はこちらもチェックしてみて下さいね。

知っておきたいビットコインが購入できるおすすめ取引所についてはこちら

日本国内でビットコインを換金・購入出来るATMはどこ?

国内のBitcoin ATMについて

では実際に日本国内に設置されているビットコインATMについて見ていきましょう。

今や日本国内でもかなり普及してきたビットコインですが、まだまだ世界に比べると普及率は低く、これからさらに広まってくると予測されています。ビットコインATMも世界に千台以上も設置されていると言われていますが、国内ではまだ東京を中心に数十台しか設置されていません。

ここではそんな日本国内に設置されている数少ないビットコインATMを一覧にしてみました。

場所店舗名住所備考
銀座銀座沼津港東京都中央区銀座1丁目8−19キラリト銀座8F食事代のビットコイン払い可
銀座THE SNACK東京都中央区銀座7-5-4  2Fテーブルで仕事ができるコワーキングスペース。ビットコイン払い可
六本木Two Dogs Taproom東京都港区六本木3丁目15-24ピザとクラフトビールがおいしいバー。ビットコイン払い可
六本木Jokers Bar東京都港区六本木3-15-23 花椿ビル1F六本木のバー
六本木Wallstreet Café東京都港区六本木3-15-22 陽光セントラルビル 1Fニューヨークスタイルのカフェバー
六本木The Pink Cow東京都港区六本木5−5−1 ロアビルB1F日本で始めてビットコインを導入したレストラン。カルフォルニアメキシカンレストランです。ビットコイン払い可
六本木World Star Café東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビル B1F六本木のカフェバー
麻布十番Fujicrypto Office東京都港区麻布十番二丁目5番2号 JMNビル3階ビットコイン、リップルの販売ATM(販売のみ)
中野現金屋東京都中野区中野5丁目52 中野5-52-15 中野ブロードウェイ 地下1F外貨両替店。ビットコインの店頭相談窓口を設置

場所店舗名住所備考
神奈川VapeSwitch神奈川県横須賀本町1丁目9-16横須賀中央にある電子タバコ専門店
茨城Agato (ガレットカフェ)茨城県つくば市二の宮2-15-21つくば市にあるガレット(フランスのそば粉クレープ)メインのカフェ
三重BITMASTER三重県松阪市京町1区33-7※BTMというATMを設置
岡山Cafe and Dining PEACH岡山県岡山市北区磨屋町6-23 2F3F岡山にあるダイニングバー。パーティルームとしても可
広島Petit Colon広島市中区橋本町2-19ハイライフ橋本町1F広島のカフェバー
福岡Future Exchange Japan福岡市中央区渡辺通1丁目1番1号 サンセルコ1F外貨両替店。店頭でビットコインを換金することもで可
鹿児島キッチンケン鹿児島県鹿児島市薬師1-18-13 M2ビル洋食レストラン。ビットコイン決済可

やはり東京を中心に設置されており、なかでも六本木にはかなり集中しているようです。管理人もビットコインATMが設置されている六本木の「Two Dogs Taproom」に行ってみました。

外人が多く集まる「Two Dogs Taproom」は大きなピザが有名で、連日多くの客で盛り上がっているそうです。その中にありましたビットコインATM!

ちょっと光で見えずらいかもしれませんが、銀行のATMのような感じですね!では次にこのビットコインATMの使い方や手数料について見ていきましょう!

ATMの使い方や引き出しにかかる手数料

ビットコインATMを使うには、まずスマホと、スマホの中にビットコインのモバイルウォレットが必要です。モバイルウォレットとはビットコインの「お財布」のようなもので、ビットコインを安全に管理することができます。

ですので購入したビットコインがまだ取引所にある方は事前にウォレットに送金しておきましょう!

ビットコインの送金方法や手数料はこちら

ビットコインATMでビットコインを購入する

ビットコインATMはその台によって購入だけできるものや、購入・換金できるものがあります。いずれも購入はできますのでビットコインATMでの購入方法を見ていきます。

まずビットコインATMで「購入」を選択する。そして買いたい額を日本円で入れ、現金をいれるとQRコードが表示されます。そのQRコードをウォレットで読み取れば購入した分のビットコインがウォレットに入金されるのです。

ビットコインATMでの購入方法は非常に簡単なので、取引所で購入するのがめんどくさい、もしくは難しいという方はビットコインATMで購入してみてはいかがでしょうか?

ビットコインATMで換金する

ビットコインの換金に対応しているATMであれば、ウォレットに入っているビットコインをATMで日本円に換金することが出来ます。

日本円への換金方法はATMトップページで「売却」を選択し、表示されるQRコードをウォレットアプリで読み込みます。そのコード宛に換金したい分のビットコインを送金すれば完了です。

ちなみにビットコインATMの手数料はそのATMによって完全に異なり、購入と売却でそれぞれ10%かかるATMや5%で済むATMもあります。国内に設置されているビットコインATMの手数料はこちらから確認することが出来るのでチェックしてみて下さい。

ビットコインATMはその場で購入・売却ができるので非常に便利ですが、手数料はやや割高になっています。管理人的にはビットコインを購入するなら取引所で購入したほうが安く済みますのでおすすめだと思います。

知っておきたい換金や両替に課される税金

ここまでビットコインATMの設置場所や使い方について見てきました。簡単に購入や換金ができるビットコインATMは非常に便利ですが、もちろん税金のことも忘れてはいけません。

ビットコインの税金は原則的に日本円に換金(利益確定)した瞬間に課税されます。そしてビットコインは「雑所得」という所得区分に属され、課税方法は「総合課税」となります。

総合課税というのは、1年間の所得(給与やビットコインで得た利益も)を全て合算した金額に応じて税率が変化する課税方法です。税率が最大で45%にもなってしまう総合課税は、「ビットコインの利益が少ないから税金なんてかからないだろう」と思っていると痛い目に遭ってしまいます。

そんなビットコインに適応されている総合課税の税率をわかりやすく表にまとめてみました。

課税対象の所得金額(課税所得額)税率控除額
195万円以下5%0円
195万円~330万円以下10%97,500円
330万円~695万円以下20%427,500円
695万円~900万円以下23%636,000円
900万円~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円以上45%4,796,000円

このように総所得に応じて税率が変動しますので常に気にかけておきましょう。

当サイトにはビットコインにかかる税金や確定申告、節税のコツについてまとめた記事もあります。また、記事内には金融庁に直接問い合わせた内容も記載してありますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

ビットコインの税金や確定申告についてはこちら

世界に設置されているBitcoinATM

世界中のBitcoin atm

先ほども触れましたように、ビットコインのATMは世界中にあり、最初に設置されたビットコインATMは2013年だそうです。「Bitcoin ATM Map」という世界中のビットコインATMは網羅されているサイトによると、現在1522台のATMが世界中にあるそうで、特に北米に集中しています。

ビットコインatm



世界中に普及しているATMの機種は「lamassu(ラマス)」社や、機械の価格が安い「Skyhook」、マレーシアの「Numoni」などがあります。

またATMと同じようなサービスで、アルゼンチンではコンビニでビットコインを購入できるサービス「Ripio(リピオ)」を発表しています。同じようにインドネシアでも1万ヶ所以上のコンビニでビットコインが購入可能となっています。

このように今や世界中で普及を始めているビットコインは北米を中心に、さらに広まってきています。日本での設置台数はまだ少ないですが、今後どんどん増えてくると予想できます。

ビットコイン決済導入店舗も増えてきており、実用化もかなり進んできているのでまずはビットコインを購入してみてはいかがでしょうか?


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHDatecoinといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *

【※6月限定※】
今登録すると、今後値上がりが期待できるコインの情報を専門家の解説付きで2つご案内!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信