bitbank(ビットバンク)ccの評判は?手数料や入金方法を解説!

最近評判のbitbank(ビットバンク)ccとは?

仮想通貨を扱う上で、欠かすことのできないのが仮想通貨取引所。

そんな仮想通貨取引所の中での最近人気を博しているのが、bitbank(ビットバンク)ccです。

「ビットフライヤーやコインチェックは知っているけど、ビットバンクはどんな取引所なの?」

「ビットバンクでの購入方法は?」

そのような疑問を持っている人も多いかもしれません。そこで今回は、ビットバンクの特徴から購入方法まで分かりやすく解説していきます。

今回の記事を参考にビットバンクへの理解を深め、仮想通貨にも積極的に投資していきましょう!

では、早速ビットバンクの特徴から見ていきましょう。

ビットバンクの特徴や評判は?

bitbank(ビットバンク)は、2014年5月に設立した仮想通貨取引所で、扱っている仮想通貨はビットコインを含めて6種類あります。

取り扱い通貨
手数料 無料(キャンペーン中)
セキュリティ ・完全マルチシグ対応
・完全コールドウォレット管理
資本金 11億3,100万円

 

ビットバンクはこれまで、ビットフライヤーやコインチェックといった大手取引所に比べると、あまり有名ではなく、取引高も少ないとされてきました。

しかし、最近ではビットバンクの持つ特徴が評価され、取引高も大きく増えてきているのです。

ここではその特徴を紹介していきます。

手数料が安い

ビットバンク最大の特徴が、手数料の安さ

日本でのアルトコインの取引は、「販売所」形式のところが多いという実態があります。この販売所形式では、売値と買値に手数料が加わっているため、買値は相場よりも高い値段に設定されています。

しかし、ビットバンクでは「販売所」形式ではなく、「取引所」形式での売買が可能です。

取引所形式では、値段を指定して取引する「指値取引」ができるので、より手数料を抑えて購入することができますね。

つまり、ビットバンクでは仮想通貨をより安く買うことができるのです。

さらに、現在手数料無料キャンペーンを実施中で売買手数料が一切かからず取引できるので、仮想通貨を取引する上においてビットバンクは業界最安値と言えますね。

アプリの使いやすさ

ビットバンクのもう一つの特徴が、アプリの使いやすさ

ワンクリックで注文することができ、チャートが初心者でも見やすいなど、幅広いトレーダーから評判になっています。最近ではスマホアプリまで登場しました。

他のアプリとは異なり、しっかりしたテクニカル分析までできるのが大きなメリットで、外出時も仮想通貨のトレードが可能です。

気になる評判や口コミ

手数料やアプリの使いやすさを特徴としているビットバンクですが、実際の評判はどうなのでしょうか?

多くの仮想通貨ユーザーがいるTwitterでも比較的良い評判が多く、特にアプリについての口コミが多い印象を受けました。

このようにビットバンクはおすすめできる特徴を持った取引所だと言えますので、どこで仮想通貨を購入しようか悩んでいる人はビットバンクでの購入を考えてみてはいかがでしょうか?

しかしその前にビットバンク取引所への登録が必要ですので、続いてはビットバンクでの登録方法や実際の購入方法を見ていきましょう!

登録方法や購入方法は?

まずは、アカウント登録の手順を紹介します。

アカウントの登録手順

1.公式サイトにアクセス

2.メールアドレスを入力後、無料口座開設ボタンをクリックし、届いたメールのURLからパスワードの設定と利用規約の確認を行います。

3.入力したメールアドレスとパスワードをもとにログイン後、氏名や生年月日などの基本情報を登録をします。

4.その後、取引の目的と職業を選択し、外国の重要な公的地位に該当しないにチェックを入れます。

5.最後に顔写真付きの身分証明書をアップロードします。

あとは、登録した住所にハガキが送られてくるのでそれを受け取れば、登録完了です。

続いて、ビットバンクでの仮想通貨を購入する方法を見ていきたいところですが、その前に前に日本円を入金しなければなりません。

先にそちらから紹介していきます。

日本円の入金方法

ビットバンクの場合、入金方法は銀行振込しかありません。

手順としては、トップページのサイドバーから「入出金」をクリックし、日本円の「入出金」を再度クリックします。

そこに振込先の情報が表示されるので、この振込先へ入金手続きをすれば完了です。

さて、これで日本円の入金は完了したので、次は実際に仮想通貨を購入してみましょう。

仮想通貨の購入方法

まず、画面左上の通貨ペアをクリックし、買いたいコインを選択します。例えば、ビットコインを買いたいなら「BTC/JPY」を選びます。

仮想通貨の購入は、トレード画面の注文フォームから行うことができ、「指値注文」「成行注文」の2つの方法があります。

指値注文では、価格と数量を入力し「注文」をクリックします。他のトレーダーとマッチングしなければ約定はしませんが、自分で価格を指定して注文を出すため、より安い価格で購入できます。


一方、成行注文では価格を指定しません。注文時に最も安い取引と約定されるため、指値注文よりも早く注文が成立する代わりに、高い価格で約定する可能性があります。


このように、ビットバンクでは仮想通貨を安く簡単に購入できるのです。

ここまでビットバンクの特徴や登録方法などを見てきましたが、他にもセキュリティ対策やFX取引について関心を持っている人もいることでしょう。

続いては、ビットバンクのセキュリティ対策やFX取引について見ていきます。

セキュリティ対策やレバレッジ取引(FX)は?

まずは、セキュリティ対策についてです。

セキュリティ対策はどうなっている?

最近では取引所へのハッキング事件も発生していることから、これまで以上にセキュリティ対策の重要性が高まっています。

そんな中でビットバンクでは、基本的な「二段階認証」のセキュリティ対策だけでなく、複数の秘密鍵がなければ送金できない「マルチシグ」への対応もなされています。

さらに、ユーザーの資産を「コールドウォレット」と呼ばれるオフライン状態のウォレットで管理していることからも安全性が高い取引所と言えるのではないでしょうか。

それでは、最後にビットバンクのFX取引について紹介します。

レバレッジ取引(FX)はできるの?

ビットバンクでFXを行う場合には、FXに特化したbitbankTrade(ビットバンクトレード)への登録が必要です。

ビットバンクトレードでは最大20倍のレバレッジをかけることができ、追証制度もありません。

追証とは、レバレッジ取引で一定の損失が発生してお金が不足した場合、追加でお金を出すことを指します。

この追証制度がないので、例えば急激な価格変動によって投資した金額以上の損失が出る場合、強制的にロスカットされる仕組みになっています。

これらをうまく利用できれば、短期間で大きな利益をあげることが可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はビットバンクの特徴や登録方法を紹介してきました。

手数料が安く、セキュリティ対策もしっかりしているというのは他の取引所と比べても大きなメリットと言えるでしょう。

ビットバンクは、仮想通貨投資を始めようと思っている人からこれまで他の取引所を使っていたという人まで、万人におすすめの取引所です。

これを機会にぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

 


毎日配信!仮想通貨に関する優良情報をメールでお届け!!

当無料コラムでは様々な独自情報を配信しており、価格の上昇が期待できるコインの情報も配信しています。

過去に配信したOmiseGOPOLYMATHといったICOやコインは、高い確率で価格が上昇しています!

ちなみにOmiseGOに至っては、なんと最高値で42倍まで上昇しました。

仮想通貨ニュース.comで配信する無料コラムでは、編集部が様々なネットワークから得るマル秘情報を配信しておりますので是非ご登録してみてはいかがでしょうか?

お名前  *
メールアドレス  *
お名前  *
メールアドレス  *


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事