年明け以来最高値!イーサリアムクラシックの価格が急上昇

年明け以来最高値!イーサリアムクラシックの価格が急上昇

ここ最近のイーサリアムクラシックの価格上昇が止まらない。

昨日、イーサリアムクラシックの価格が最大35%の高騰を記録した。これにより同通貨は、年明け以来の最高値を記録したという。

イーサリアムクラシックの価格が急騰

「イーサリアムクラシックから目を離しているとすれば、あなたは大損する事になるだろう」

12日、大手仮想通貨グループDCGの創設者であるBarry Silbert(バリー・シルバート)氏がTwitter上でこうつぶやいた。DCGはイーサリアムクラシックを取り扱うファンドの親会社でもある事から、シルベール氏は同通貨に大きな関心と期待を寄せている。

そんな中で翌日13日、イーサリアムクラシックは、他の仮想通貨が軒並みマイナスを記録している中で、たったの数時間で一気に値上げを記録した。シルバート氏の予言ツイートが的中したのである。

現在、イーサリアムクラシックは約32ドル(約3,250円)で取引されており、シルバート氏がツイートしたタイミング(12日時点)の約24.5ドル(約2,695円)から急上昇している。時価総額は約33億ドル(約3,630億円)となり、全仮想通貨の中で見事14位にランクインしている。

ether-classic-image1

高騰の原因は何なのか

この急上昇は何が原因で起きたものなのか、その核心を突く答えはまだ見つかっていない。しかしながら、仮説は存在している。

1つは来月に起きると言われているイーサリアムクラシックのハードフォークである。イーサリアムクラシックがハードフォークで分岐し、「Callisto(カリスト)」という新たな仮想通貨を生み出す計画が発表されているのだ。

そしてこれに伴うAirDrop、いわゆる仮想通貨の無料配布を期待して、それに比例する形で今回の価格急騰が引き起こされたのではないかというわけだ。

実際にCallistoが生まれるのは来月3月5日を予定しているとの事なので、残り20日間程度はAirDropに期待できると世間では賑わいを見せている。

ether-classic-image2

またもう一つの仮説は、韓国の取引所に関するものだ。現在のイーサリアムクラシックの取引量を見てみると、圧倒的に韓国の取引所での取引に集中している事がわかる。

数値にして、全体の約37%の取引が韓国内で行われているという。

ただし、この集中度合が事前に計画されていたかと言えば、そういう訳ではないようだ。

韓国内が仮想通貨規制問題の真っ只中の時に、前述のCallistoプロジェクトが発表されたため、単に韓国人ユーザーがその瞬間に同通貨を購入できなかっただけのようだ。

その反動として、今まさに買い注文が殺到する結果となり、価格高騰を引き起こしているのではないかと考えられている。

原典:「Ethereum Classic Price Surges Amid Choppy Markets

「ここまでの内容と考察」

ここ数日徐々に回復を見せていたイーサリアムクラシックが、また新たに価格高騰を引き起こしました。

年明け以来最高値という事で、とても良い兆候です。

また本文にあった通り、来月5日には同通貨のハードフォークが起き、Callistoが誕生すると言われています。

それに向けたAirDropなどの影響もあり、今後ますますイーサリアムクラシックが伸びていくのではないかと期待が持てますね。

より注目していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

   

関連記事

facebook

10倍以上の高騰が見込める仮想通貨を配信仮想通貨を配信